うつ病の症状と男性更年期障害の症状は共通している所が沢山あります!

うつ病の症状と男性更年期障害の症状は共通している所が沢山あります!

 

うつ病の症状と男性更年期障害の症状は共通している所が沢山あります!

 

 

こんにちは、内山です。

 

 

僕は、自分自身の勃起の不調やその他体の不調を調べていく内に「男性更年期障害」について知ることが出来ました。最初は更年期障害は女性特有の症状と思っていたので中々気が付かなかったのですが、男性にも更年期障害が有る事を知り、「もしかしたら自分も?」と思い調べていくようになりました。

 

 

うつ病で苦しんでいる人が急増している!

 

 

僕の場合精力の低下についての事で調べていたのですが、男性更年期障害の症状にはうつ状態もあり、うつ病で悩んでいる人が更年期からくる更年期うつとは知らないで、心療内科でうつの診察を受けているそうです。

 

 

ここ20年位でうつ病が急増している事を何かの本で読んだのですが、20年前から比べて約3倍に増えて120万人近くの人が苦しんでいます。

 

 

それに比例して、年々自殺者も増えていて、特に30代〜50代の働き盛りの男性が多いのが深刻な状況を物語っている様な気がします。

 

 

僕自身は、うつ病の症状と言うか感覚が分かりません。これは僕に限らずうつになった人にしか分からない辛さで、他の病気の様に外から見て明らかにどこか悪そうとは見えない為に他人に理解されにくい事も特徴です。

 

 

他人から見れば、大したことが無いようにしか見えないので、「分かってもらえない」 「理解してくれない」と言う風になり余計に自分の殻に閉じこもり増々悪化してしまいます。

 

 

30代〜50代と言うのは仕事でもそうですが、日々かなりのストレスを受けています。仕事での責任やプレッシャー、又、家庭でも親の事、子供の事、お金の心配、家のローンなど心が安らぐ事が出来ないのが現状です。

 

 

そんな状態で精神に異常をきたさないほうがおかしいのかも知れません。逆に正常だからかもしれないですね、だからこそ「もろい」 「弱い」とも言えます。日本人特有の「真面目さ」 「責任感の強さ」がうつになりやすい人の特徴だとも言えます。

 

 

男性更年期障害の症状をうつ病と思って治療しても良くはなりません!

 

 

 

うつ病の初期の症状はと言うと、不眠や倦怠感、目まい、肩や首のコリなどの身体的な症状から始まることが多いようです。その後、気持ちの落ち込みや、集中力の低下、物忘れ等が増えさらに悪化すると「生きているのが嫌だ」 「死にたい」と思うようになります。

 

 

一方男性更年期障害の症状もよく似ており、「イライラ」 「目まい」 「頭痛」 「肩こり」などから始まり「無気力」 「集中力の欠如」 「うつ状態」と非常にうつの症状に似ている為にほとんどが心療内科での診察を受けるらしいです。

 

 

体内の「テストステロン」と「成長ホルモン」が低下することで男性更年期障害の症状が出てきますが、同じようにうつ病の患者も体内の「テストステロン」と「成長ホルモン」の値が低い事が分かっています。

 

 

もちろんうつ病の患者の全てが、低いと言う事では無いらしいですがかなりの確率で低下しています。自分がうつ病だと感じている人で「ホルモン」の値を測っていない人は一度チェックされると良いと思います。

 

 

うつ病と思いこみ心療内科で薬を処方されても中々良くならない人が少なくないらしいです。それはじつは体内の「テストステロン」と「成長ホルモン」が不足している事が原因の場合が多く、その場合幾ら抗うつ薬を飲んでも良くはなりません。

 

 

それどころか、抗うつ薬が効かない場合薬の数も増え、きつくなっていきます。うつ病の場合その人に合わない薬の場合、違う薬が良い場合が有るので色々と試すと云う意味でも薬の数が増えていきます。

 

 

もしも、心療内科で見て貰っても良くはならない時は、男性更年期障害を疑うほうが良いのかもしれません。

 

 

言われた通りに薬を飲んでいるのに身体的にきつくなってきた場合、抗うつ薬が原因で体内の「テストステロン」が低下した事も考えられます。それは、抗うつ薬によっては「テストステロン」の分泌を抑制する働きの有るものが有るからです。

 

 

体内の「テストステロン」が低下することで起きてくる男性更年期障害の症状には、「うつ状態」のような精神的な部分、又、「体力」 「精力」 などの身体的な部分が有るので体内の「テストステロン」の値を上げる事で「うつ状態」はもちろん「体力」 「精力」などの身体的な部分まで良くなるメリットが有ります。

 

 

うつ病と男性更年期障害の見分け方!

 

 

うつ病と男性更年期障害には共通する症状が多数あるので、自分がどういった病気なのか判断するのは難しいのですが、それでも違いが有ります。

 

 

それは、男性更年期障害の場合はSEXに対し他の悩みが有るからです。

 

 

「中折れ」 「射精感の低下」 「勃起力の低下」などの性機能についての悩みは男性更年期障害の初期的な症状の一つなのでこの部分の悩みが有るか、ないかで判断が出来ます。

 

 

もし、性機能についての悩みが有るのでしたら、まずは精力サプリメントを飲んで「テストステロン」を自力で増やしていく事で「精神的」 「身体的」な悩みが両方とも改善するかも知れません。

 


【男性ホルモンの分泌が上がっていけば期待できる効果!】




  • 勃起力が強くなる

  • キョーレツな朝立ちが帰ってくる

  • 中折れしなくなり最後まで濃厚なエッチが出来るようになる

  • 筋肉量が増えるので、肥満が解消させていく

  • 体全体が軽く感じる

  • 集中力が高くなりやる気が出てくる

  • 男としての自信がついてくる

  • 女にモテるようになる


女にモテるのは本当で、女性は遺伝子レベルでは無意識に強いオスに惹かれていきます!



「テストステロン」の分泌を活性化させることによって、今までと正反対のいいことが沢山現れるようになります。


僕はこういった事から、精力サプリメントをお勧めしています!



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ