性機能低下を引き起こす男性更年期障害とは!

性機能を低下させているのは男性更年期障害という病気です!

 

精力の低下は男性更年期障害が原因になっている!

 

 

こんにちは、内山です。

 

 

僕の周りには、女性に更年期障害が有るのを知る人は多いですが、男性の更年期障害を知っている人はあまりいません。

 

 

更年期障害という言葉からはどうしても女性をイメージしてしまいますよね。有る程度の年齢の女性で有れば大なり小なり更年期の症状は出てくるものです。

 

 

女性の更年期は、加齢とともに卵巣機能がその働きを終える事に伴い、女性ホルモンの分泌が減少する前後5年間の事を言います。

 

 

大体45歳位から55歳位でしょうか。

 

 

症状や期間、程度など個人差は有りますが、ひどくなるとうつ状態になって、何もする気が起きない、生きている意味が分からないなどの重い症状に悩まされる事も少なく有りません。

 

 

卵巣がその役目を終ようとすると、卵巣で分泌されていた女性ホルモン、エストロゲンと云いますがこのエストロゲンの分泌が減っていきます。

 

そうすると体内でのホルモンバランスが乱れて体調を崩していく事になるんです。

 

 

ただ、原因はエストロゲンの減少だけでは無く、家庭や子供の事での悩みや親の面倒、精神的ストレスなどが重なり合う事で起きてきます。

 

 

なので症状も身体的な事だけでなく、精神的な部分にも及んでくるのです。

 

 

これとほぼ同じ症状が、男性更年期障害、別名LOH症候群と言われるものです。

 

 

男性更年期障害やLOH症候群という言葉自体知らないという人が僕の周りでもほとんどで、数年前までは僕自身もまったく知らない言葉でした。

 

 

ただし、男性更年期障害と言う言葉は知らなくても、色んな不具合を感じている人は多くそう言った意味では原因は分からないけれど、実感として男性更年期障害の症状は感じていると言えます。

 

 

一番分かりやすい症状で言えば、中折れという症状が上げられるのですが、中折れとか、性欲が湧かない、硬くならないなどこういった性的悩みは男性更年期障害の初期の症状と言われていて僕も中折れが元で男性更年期障害という言葉を知りました。

 

 

色んな不具合の原因は男性更年期障害

 

 

この記事を読まれている方は、もしかしたら男性更年期障害という言葉を知らない方が多いのかもしれません。性的悩み、中折れや、性欲の減退などの悩みでここにたどり着いた方も少なくないかもしれませんが、この記事を読んで見て、そういわれれば男性更年期障害の症状なのかな?と感じてもらえると自覚するのが早くなると思います。

 

 

男性の更年期障害の原因も、女性の時とほぼ同じことが原因で起こってきます。

 

 

そこにはやはり「ホルモンのバランス」が一つの「キー」になっていて、体内の「ホルモンバランス」の乱れというか、「ホルモン」の減少によって起きます。

 

 

男性ホルモンにも色々種類が有るのですが、その中でも95%を占めるのが「テストステロン」というホルモンです。なので男性ホルモンと言えば「テストステロン」と考えて頂いても差し支えありません。

 

 

男性ホルモンの「テストステロン」と言っても男性だけに分泌されているわけでは無く、女性の体内にも「テストステロン」は有りますし。女性ホルモンの「アンドロゲン」も男性にも分泌されています。どちらの割合が大きいかで分けられているんでしょう、ただ、どちらの「ホルモン」も非常に重要な作用が有るのには変わりが有りません。

 

 

体内で「テストステロン」の値が下がってくると男性更年期障害の症状としていろいろ不具合が出るようになります。

 

 

先ほどいった中折れに代表される性機能障害はもちろん、体力の減退や活力不足など男性が生きていくうえで非常に大きな影響を及ぼす症状も少なくないんです。

 

 

例えば

 

 

1、筋肉が減り中性脂肪が増えるのでメタボのリスクが上がる。

 

2、造血作用も減少してくる。

 

3、糖質を抑制する力が弱まり糖尿病のリスクが上がる。

 

4、体の冷えがひどくなり血行不良を起こす。

 

5、動脈硬化のリスクが上がる。

 

6、頻尿、夜中に何度もトイレに行く。

 

7、朝立ちが減る。

 

 

など、これは特に身体に関しての症状を書きましたが、精神的な部分での不具合も大きなものが有ります。

 

 

1、抑うつ状態になる。

 

2、神経質になる。

 

3、睡眠障害を起こす。

 

 

など、精神的なダメージとしては抑うつ状態に代表されるように、気分が沈む、気持ちが落ち込む、むなしくなる、何故か寂しくなる、生きる意味が分からなくなる、などと非常に厳しい状況に陥ります。

 

 

 

実際に僕の場合で言えば、最初「あれっ」と思ったのが、中折れなどのペニスに関する不具合でした。男の場合は仕事を休むような症状以外では有る程度我慢できますが、ペニスの事になると敏感になるものです。

 

更年期障害ということで言えば、その当時は中折れや、硬さ不足しか自覚は有りませんでしたが、今考えると、肥満気味になって来たのもその頃ですし、不眠やあと加齢臭なんかもきつくなって来た様に思います。

 

 

ここまで、きつい症状でなくとも、例えば。

 

 

1、イライラする。

 

2、集中出来ない。

 

3、頭痛や肩こり。

 

4、発汗やほてり、目まい。

 

5、性欲があまりわかない。

 

 

などの、比較的今までにもあったような症状で気が付かないだけで、これ等が更年期の初期の症状になっている場合も多いようです。これ等の症状を見逃していく事によってさっき上げた様なキツイ症状に進んで行きます。

 

 

 

ホルモンの自己分泌力を上げる事が大事!

 

 

僕の場合は、勃起障害を何とか克服したかったので、その一つの方法として精力サプリメントを試しました。

 

 

精力サプリメントを飲むことで、体内の「テストステロン」の自己分泌力を上げる事で徐々に体が軽くなるのを感じました。

 

 

体が重い、鈍いと言う感覚はサプリメントを飲むまではそう感じていなかったのですが、サプリメントを飲むことで明らかに寝起きや日中の体の軽さ、爽快さが違ってきました。

 

 

これは自分では自覚していなかっただけで、本当はかなり体にダメージや疲れがたまっていたのかも知れません。いずれにしても中折れなどの精力の低下さえ何とかなればと思って始めたサプリメントでしたが、想像以上に体にとってプラスに働いた事が驚きでした!

 

 

【体内で「テストステロン」が増えてくると起こる変化】

 

 

1、体が軽い、楽。

 

2、脂肪が減っていくので肥満の解消になる。

 

3、筋肉が戻ってくる。

 

4、気分が晴れやかになる。

 

5、毎朝が爽快に感じる。

 

6、色んな事に挑戦してみたくなる。

 

7、笑顔が増える。

 

8、何もかも上手くいくように感じる。

 

9、肌や顔の色つやが良くなる。

 

10、頻尿が軽くなる。

 

11、性欲が戻ってくる。

 

12、中折れしなくなる。

 

13、自信を持ってSEXが出来るようになる。

 

14、女性が自分に対する接し方が変わってくる。

 

 

他にもまだまだたくさんありますが、きりがないのでこの辺にしますが、「テストステロン」の威力は強力です。70歳のご老体でも「テストステロン」の値が高い人は衰え知らずにSEXが出来るそうです。

 

また、見た目が同年代の人とは明らかに違ってくるでしょう。

 

 

僕は50代ですが、何年か前に同窓会をした時に思ったのは「みんな変わったな!」ということでした。もちろん何年も会っていないやつが殆どなので変わるのは当たり前ですが、「ここまで変わるか!」というレベルです!

 

 

体格や髪の毛もそうですが、何より活力が全く感じられない奴が多いのが印象的でした。腹の部分だけに肉が付き、そのくせ手や足は細いんです。想像できますよね。明らかに男性更年期障害が影響している体形をしています。

 

 

反面、顔は年相応ですが、ほどほどに筋肉が有り、服装にも気を使って若々しく感じる奴も数人ですがいました。

 

 

話をしてみるとやはりそんな奴は、健康の為に散歩をしていたり、食事を考えたり、タバコを辞めたり、飲酒を控えたり、健康に気をつけた生活をしています。

 

 

男性更年期障害や「テストステロン」の事は知りませんでしたが、健康に気をつける生活を続けて来たお陰で「テストステロン」をそんなに減らさずにこれたんだと想像できます。

 

 

とにかく「テストステロン」の値を高く保つことが出来れば、性生活で悩む事は有りません。ペニスの大きさは如何にもなりませんが、若い頃のように気持ち良くSEXを楽しむことが出来、パートナーにも満足してもらえるハズです。

 

 

上手くSEXが出来なくて妻の寂しそうな顔を見るのは本当に辛く、情けないものが有ります。僕もその一心で改善方法を調べていきました。

 

 

その過程で男性更年期障害と言う病気が有る事を知り、そしてその原因や対策、改善方法まで知ることが出来たんです。

 

 

今の僕ですが、肥満を解消してそこそこ良い体をしていると人には言われます。さすがに髪の毛は薄くなって着ましたが、顔には覇気があり、毎朝の自重筋トレは欠かさずにしています。

 

 

朝は野菜ジュースだけで、食事もお腹一杯に詰め込むことも有りません。一日一回適度に汗をかき、運動が少ないと思ったら散歩をする様にしています。

 

 

こんな生活を送っていき今では、毎日キョーレツナ朝立ちが有りますし、SEXの時も最後まで萎えると言う事は皆無です、それどころか一日2回でも大丈夫です!

 

 

それもこれも最初は精力サプリメントを試した事が始まりでした。健康の事を真剣に考えて何かアクションを起こせば変えれるんだと感じる事が出来たのでその後も続ける事が出来たんだと思います。

 

 

体は直ぐにでも変えられる!

 

 

本当に体って直ぐに変えられるんですよ!例えば、一日10回の腕立て伏せを続けて3回毎日するだけでも、筋肉はドンドンついていきます!それにスクワットを一日20回を続けて3回追加すればたった2か月で見違える位の体に変化します。心肺機能も強くなりますので少し位で「ハアハア」いうことも無くなります、これ本当です。

 

 

近くのスーパーに自転車で言った時の事ですが、少しの坂を上がることが出来ませんでした。息が苦しくて「ハアハア」 「ゼイゼイ」大変です、結局は生き返り押していきました。

 

更年期障害になるような体と言うのは本当に情けないですが、完全に老化してしまっているんです。少しの運動も出来なくなっている事に早く気付いて下さい。そして自覚する事で必ず復活することが出来ます。

 

 

あなたもこのサイトを参考にして頂ければ、「テストステロン」の自力分泌を促進して40代で有ろうと、50代で有ろうと60代でもハツラツとした健康的な生活を送ることが可能になります。



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ