男性更年期障害と男性ホルモンの関係

男性更年期障害と男性ホルモンの関係!

 

 

今日は、内山です。

 

今日も朝立ち有難うって感じです!

 

男性更年期と言う言葉は、女性の更年期と比べるとまだまだ認知度は低いみたいですね。

 

 

ほとんどの男性が、体がだるいや、不眠、勃起障害などの身体的は不調が有っても、誰にも相談せずにそのままやり過ごす場合が多いようです。

 

 

また、男性更年期の症状がうつ病の症状とも重なる部分が多くある為、うつ病に対しての治療をしても一向によくならない場合も有ります。

 

 

 

 

あなたは、男性更年期障害についての、正しい知識が有りますか?

 

 

男性更年期障害の主な原因は、男性ホルモンである「テストステロン」の低下によるものと言われています。

 

 

女性の更年期障害もまた、女性ホルモンの低下が原因ですので、人間の体に取ってホルモンがいかに大事な物かが分かります。

 

 

男性更年期は女性の更年期障害程認知されてないので、「自分の今の状態は更年期障害だ」というか、更年期障害という病気自体しらない人がほとんどではないでしょうか。

 

 

女性の場合は、生理が上がる前後5年間で更年期の症状が出る場合が多いと言われています。

 

 

ただ、時期や症状には個人差がありホルモンのバランスによって人それぞれ、重い場合や軽い場合が有ります。

 

 

 

女性は、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が、閉経の前後から極端に低くなることで更年期の症状が出てきます。

 

 

閉経が、だいたい50歳前後が多いことから、これ位の年齢で体の不調が出てくるので、更年期の症状だと分かります。

 

 

女性にも更年期の時期には個人差が有りますが、男性の場合はもっと極端です。

 

 

男性は女性の様に閉経が無いのですが、どのように更年期の症状が進行するかと言うと、やはり同じようにホルモンの低下によって進んでいきます。

 

 

ただ、男性のホルモンの低下は、女性の様にある時期を境にと言うのではなく、加齢によって徐々に少しずつ低下していきます。

 

 

その為、症状も徐々に増えていくのでそれが、更年期から来ているものとは思わずに、単に「疲れ」や「寝不足」程度にしか思って無くて、自分自身で自覚していない人が大半です。

 

 

 

「男性ホルモン」は劇的に低下する場合が有る!

 

 

 

徐々に低下していくはずの、「男性ホルモン」が、過度なストレスや偏食、極端な寝不足などが重なる事で、ガクンと一気に低下することも有ります。

 

 

 

その為、年齢的には30代前半とまだ若いのにも関わらず、更年期の症状が出る人もいるほどです。

 

 

 

 

 

 

一般的な更年期の症状です。


【 精神的症状 】


  1. イライラする
  2. 何故か不安になる
  3. 憂鬱な気分になる
  4. 寝付けない
  5. 集中力が続かない
  6. 物忘れがひどくなった
  7. 食欲がわかない
  8. 性欲がわかない


【 身体的症状 】


  1. 筋肉が落ちて来た
  2. 疲れが抜けない
  3. 急に汗が出る
  4. 目まいや、耳鳴りがする
  5. 夜中トイレに行く回数が増えた
  6. 朝立ちがなくなった


【 性機能障害 】


  1. 途中で萎える
  2. 中折れする
  3. 射精しても以前より気持ち良くない

 

 

 

僕の場合、エッチの時の中折れの症状が出て、調べたので比較的直ぐに更年期障害だと分かりました。

 

 

男性更年期の症状は上に示した通りですが、それ以外にも太りやすくなる事も上げられます。

 

 

「男性ホルモン」が低下してくると、筋肉が落ちやすくなり、代謝も悪くなり脂肪が付きやすくなるので、どうしても太りやすくなります。肥満体ですね。

 

 

僕は,丁度40歳位の時身長170センチに対し体重が82キログラムにまでなりました。

 

 

僕の身長だと、適正体重は58kg〜68kgなのでかなりの肥満体と言えます。

 

 

当然その時期は、絶不調で体の全てが重く感じ、精神面でもやる気のなさや仕事に集中できないなどの「イケてない」状態が続きました。

 

 

一番キツカッタのが、SEXですね!毎回中折れしてましたから!!!

 

 

妻を満足させてあげられなかったのが、つらかったですし、自分自身も全てにおいて自身が持てなかった記憶が有ります。

 

 

 

男性更年期障害の原因は「男性ホルモン」の低下!

 

 

僕の場合、勃起障害から男性更年期障害なるものを知りました。

 

 

それから、男性更年期障害の原因を調べていくうちに、「男性ホルモン」の低下が主な原因だと分かったんです。

 

 

なので、「男性ホルモン」を増やす事により、更年期障害の症状は勿論、勃起力も上がりますし、代謝も良くなってくるのでダイエットの効果も出てきます。

 

 

「男性ホルモン」が増えてくると、気持ちも軽くなりますし自信も湧いてくるので女性にももてるようになってきます!(これ本当の話です!^^)

 

 

体の変化も目で見て分かるようになるので、いい意味で欲が出てきて、もっとダイエット頑張ろうとか、もっと筋肉つけてもっと女にモテてやろうとかですね!!!

 

 

 

 

「男性ホルモン」の増やし方については、コチラで詳しく書いていますので参考にどうぞ!  

 

 

 

 

男性ホルモンの増やし方に付いては、色々調べて、実践もして言える事ですが、僕的には精力サプリと運動の組み合わせが最強だと思ってます。

 

 

精力サプリはダイレクトに「男性ホルモン」を増やすために効果を発揮しますし、運動は、筋肉を刺激する事によりホルモンの分泌を活性化させていきます。

 

 

運動と言っても、最初はスクワット5回位からでいいんです。毎日少しずつでいいので続けることが肝要です。

 

 

2週間ぐらい毎日やれば間違いなく体の変化が分かるようになりますから。

 

 

 

でね!精力サプリですが今現在僕が服用しているのがこのビトックスです 。

 

 



 

 

これは実は、増大サプリなんですが男性更年期からくる勃起障害には最適なんです。

 

 

勃起障害による性欲減退や中折れといった症状は、「男性ホルモン」の低下からくる更年期の症状なんです。

 

 

なので、増大サプリを取る事で、勃起障害の症状は勿論、この他の更年期の症状の改善にも効果を発揮してくれます。

 

 

SEXの時に中折れしたり、「最近朝立ちしないな〜」ていう症状は「男性ホルモン」を増やす事で殆ど改善できますよ。

 

 

 

増大サプリは男性ホルモンの「テストステロン」と「成長ホルモン」を増やし、勃起力を最大にしてから、増大に効果が有ると言われる多成分をチンコに流し込んで作用させていきます。

 

 

勃起力を最大にする点では、シトルリン中心型のサプリメントと同じ理屈です。

 

 

 

 

今の段階では、チンコを大きくしないでもいい、勃起力さえ戻ってきてくれればいいと言う人にはこちらをお勧めします!

 

 



 

 

でもね、勃起力が回復したら欲が出るんですよ!

 

 

僕も最初は増大までは全く考えてなかったんですよ。

 

 

 

でも勃起力が回復してキョーレツな朝立ちが返ってきたら、今度はもっとデカくしたいって思うのは男の性なんです!



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ