60代でオナニーは出来るのにSEXは出来ない訳!

60代でオナニーは出来るのにSEXが出来ない原因は!

 

60歳以上の高齢の人でオナニーは出来るのにSEXでは役に立たないのは何故か?

 

60代でもまだまだ現役で頑張っていらっしゃる人はたくさんいます。

 

その反面60歳になってSEXがまともに出来ない人が多いのも事実です。

 

 

今日はそのことについて、書いて行こうと思います。

 

 

朝立ちもチャンとできるのに、SEXの時だけ役に立たなくなる人も多いです。

 

 

朝立ちに関して言えば、朝立ちは、性欲が強いから朝立ちするのかというとそれは違っていて。

 

 

本来朝立ちは、ストレスの発散や血液循環の為のリハビリのような作用と考えられています。

 

 

ほとんどの方が朝立ちは、その名の通り朝方に経験すると思いますが浅い睡眠から目ざめた時に朝立ちしているのです。

 

 

睡眠の状態には、ノンレム睡眠と呼ばれるものと、レム睡眠と呼ばれるものの2つが有ります。

 

分かりやすく言うと、深い眠りの状態をノンレム睡眠と云い、浅い眠りの状態の時をレム睡眠と云います。

 

 

一般的には、ノンレム睡眠とレム睡眠が交互にきて、浅い眠りのレム睡眠の状態の時に何回も朝立ちしていると言われています。

 

 

普段は夜中のレム睡眠時に勃起をしても、睡眠中なのできずかないでいるのです。

 

 

それが、レム睡眠時に朝立ちしている時たまたま目が覚める事で認識できているに過ぎないのです!

 

 

 

オナニーや朝立ちがあるのにSEXが出来ないのは精神的な原因が考えられる!

 

 

 

基本的にオナニーや朝立ちがある場合は、男性ホルモン値が下がっているとは考えられません。
何故なら、男性ホルモンの「テストステロン」が下がっていれば、勃起や朝立ちそのものが難しいからです。

 

 

なので、この場合は男性更年期障害(健康面)が原因ではないので、心因性ED(心因性勃起障害)が当てはまります。

 

 

1、奥さま、あるいは彼女とのSEXに飽きている。

 

2、相手をイカセルるまでの体力に自信が持てない。

 

3、刺激を与え続けないと勃起自体出来ない。

 

 

実は、現状勃起させるのもギリギリで、硬くすること自体が難しい事になっている場合が多いです。

 

 

そして、性欲自体も低下していて、心の深い部分でSEXに不安が有るのだと思います。

 

 

なのでやはり、精神的に自信が無くなっているんですね!体力、気力、精力など自信を取り戻すことが大事になってきます。

 

 

SEXに対し自信を取り戻す為にしたい事!

 

 

自信を取り戻すには体力を強化する事が不可欠です。

 

それには下半身のトレーニングが必要で、毎日の散歩や階段の上り降りなど身近で出来る事から意識的に取り入れていく事でも自信に繋がっていきます!

 

 

それとやっぱり酸化を防ぐ成分は摂りたいですよね。

 

 

老化は酸化なのでマカやクラチャイダムなどの天然成分配合の物なら安心できます。

 

 

特にクラチャイダムはマカ以上にアルギニンも豊富だし、強力な抗酸化力を持つポリフェノールも豊富に含まれた天然素材です。

 

こういったサプリメントで体を慣らしながらアンチエイジングに意識する事も自信に繋がってきます。

 

 

サプリメントは毎日長期に渡って摂ることで効果が表れるので気長に続ける事が大事です。

 

 

それと奥さまや、彼女とのSEXに飽きてきて途中で中折れをする場合ですが、これはもう努力するしかありません。

 

完全にマンネリ化していると考えられるので、いろいろと工夫をしてみましょう。

 

 

1、時々はラブホテルなどいつもと違う場所を選ぶ。

 

2、照れずに話し合って色々なプレイに挑戦する。

 

3、おもちゃを使ってみる。

 

4、コスプレも試してみる。

 

5、部屋の姿見を見ながらプレイする。

 

 

特に2番の色々なプレイを試してみるのは想像以上に効果が有ります。

 

 

自分の新たな性癖が分かる時も有りますので、一度試して見てください。

 

 

こういった工夫をしながら興奮出来る様にもっていきましょう。せっかくSEXがしたいと思う気持ちが有るのに、マンネリが原因で出来ないのはもったいないですよ!生涯現役という気持ちで取り組めばこれからも豊かなSEXライフを送ることが出来るはずです。

 

 

 

頑張ってください!

 



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ