半立ちの原因と対策!

半立ちの原因とは!

 

半立ちの原因と対策!

 

 

こんにちは、内山です!
ご購読有難う御座います!

 

 

半立ちのままでギンギンにならない経験は有りますか?ほとんどの人は一度や2度は有ると思うのですが、それが長く続くようだとやはり心配になってきますよね。

 

 

SEXする回数にもよりますが、毎回毎回だと「病気かも?」ってなりますよね。

 

 

でも、ほとんどの人が、そうして心配はしても原因までは深くは考えていません、少し改善が見られたら半立ちの事なんて忘れている場合が殆どです。

 

 

 

そこで一つ質問ですが、1週間に1回は朝立ちが有りますか?

 

 

もしも、一週間に一度も朝立ちがない場合は深刻な原因が有るかも知れません。

 

 

一か月に、一度も無いような場合は、動脈硬化や糖尿病などが疑われます。

 

いつも半立ちのままや、朝立ちの有無は健康かどうかのバロメーターになりますので、意識的にチェックする様にして下さい。

 

 

 

 

半立ちの原因!

 

 

 

1、ストレス

 

2、オナニーのし過ぎ

 

3、性欲の衰え

 

4、栄養不足

 

 

などが考えられます。

 

 

これらに共通している事があってそれは、精子が少ない事が考えられます!

 

 

元々ペニスは生殖するのに女性の膣内に深く精子を送りつける為の物なんです。

 

なので、

 

 

精子が一杯溜まる→SEXの必要が有る→最大限に勃起する

 

 

この様に、出来ています。

 

 

他の動物では繁殖期にならないとこういう行動をとりませんが、唯一人間は365日生殖行動が可能な動物と言えます。

 

 

これは、人間にだけ与えられた能力で、子孫を残す為の生殖行動と、豊かに生きて行く為のSEXライフこれら両方を使い分けできるようになっています。

 

 

SEXは男女に取って最も最良のコミュニケーションの一つと言えます。
それが証拠に、けんかしていてもSEXさえすれば直ぐにでも仲直り出来ますよね!

 

 

 

 

精子を一杯溜める事が大事!

 

 

さっきも言ったように、勃起は自然現象です。

 

 

精子が一杯に溜まれば自然と最大限に勃起するものなんです!

 

 

なので、まずは精子を一杯溜める事を考えましょう。

 

 

 

ストレスがたまると精子に影響するのか?

ストレスが溜まってくると、精子が減っていく事は分かっていますし、ストレスのせいで性欲が無くなることも多いです。

 

 

 

このストレス、年齢に比例して大きくなります。
どうしても、年齢が上がれば社会的にも家庭的にも大きな責任がのしかかってくるものです。

 

40才前後で中間管理職になり、上司の機嫌を取りながら、部下の尻を叩いて業績を伸ばさないといけません、普通に考えてもかなりの重労働ですし神経も疲れるハズです。

 

また、家庭では子供の進学の心配やお金の心配など、問題山積です。

 

 

こんな状態では、ストレスが無いほうがおかしく、健康にも大きく影響してきます。
何とかうまくストレスを発散するか、ストレスと上手く付き合う方法を考える必要が有ります。

 

 

 

オナニーをし過ぎると、半立ちになるのか?

ペニスが最大限勃起できないのは精子が十分に溜まって無い事が考えられます。オナニーのし過ぎで精子が溜まり切って無い状態では半立ちになることは十分に考えられます。

 

 

 

 

先程も言いましたが、勃起は自然現象なので、精子が溜まらなければ勃起する必要が無いんです。

 

 

 

最大限に勃起させるには、オナニーを我慢して精子を十分に溜める様にしましょう。
先ずは、1週間ぐらい我慢すれば、性欲、勃起力共に最大になるはずです!

 

 

性欲が衰えると、ペニスも半立ち以上にはならないのか?

性欲が衰えると、当然勃起力も衰えるので半立ち状態が続くことは十分にあり得ます。

 

 

 

これにも精子が関わっていて、性欲の衰えが性機能の低下を招き、精子の生産能力も低下してくるからです。

 

 

 

性欲の衰えの原因を自分で突き止める事が大事になってきます。

 

最近性欲が無いと感じても、ほとんどの人はその理由を考えようとはしません。
ですが、必ず何か原因があるので、自分自身でよく考えて原因を突き止める必要が有ります。

 

原因が分かれば、解決策も見えて来ます。

 

 

栄養不足になればペニスは最大限に勃起できませんか?

栄養不足では、十分に精子を合成することが出来ない事は考えられます。そうするとやはり最大限の勃起に持っていくのは難しいでしょう。

 

 

 

 

まず、精子を作るのに必要な栄養素を意識的に摂取する必要が有ります。
その上で、それらの栄養素が下半身に回る様に、下半身の運動も取り入れて欲しいですね。

 

 

下半身の運動を取りいれる事で、下半身の血行も正常になるので、性機能の回復により精子を増やす事が出来るでしょう。

 

 

精子を増やすのに摂ってほしい栄養素

 

 

 

精子を作る為の材料となるアルギニン、精子を合成するのに欠かせない亜鉛などのミネラル、精子の合成や、性ホルモンの分泌を促すビタミンE、ビタミンC、これ等の栄養素が特に必要です。

 

 

具体的な食材は。

 

 

ウナギ、牡蠣、赤身肉、豚レバー、アサリ、ヒジキ、山芋、レンコン、大豆、レモン、キウイ、など出来るだけ意識して摂取して下さい!

 

 

要は、加工食品や油で揚げたものなどの食事は出来るだけ避けて、そのまま生で食べれるものは生で、火を通す必要が有るものでも出来るだけ脂分を控えるよう工夫しないといけません。

 

 

また、精力サプリメントを取りいれるのも有効です。
精力サプリメントは勃起を促すものなので、精子の材料になる成分や合成に必要な栄養素は網羅されています。

 

 

「時間が無いので食事の栄養素まで考えれない」という人は取りいれてみる価値は十分にあります。

 

 



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ