男性更年期障害とメタボの関係

男性更年期障害(LOH症候群)とメタボリックシンドロームの関係。

 

更年期の症状は肉体面と精神面に現れます。

 

 

更年期障害と聞くと、「中年のおばちゃんがなんか最近体の調子が悪い!」と言ってるアレ!と決めつける人も少なくないと思いますが、実は男にも更年期障害ってチャンと有るんです。

 

 

 

【更年期障害の症状 精神面】

 

 

     

  • イライラ
  •  

  • すぐにカットなる
  •  

  • 神経過敏で落ち着かない
  •  

  • 意味なく不安や心配がある
  •  

  • なにか憂鬱ぎみで落ち込むことが多い
  •  

  • 集中力が続かない
  •  

 

 

 

【更年期障害の症状 肉体面】

 

 

     

  • 体力が急に落ちたと感じる
  •  

  • 関節や筋肉に痛みがある
  •  

  • 眠りが浅くよく眠れない
  •  

  • 昼間よく眠たくなる
  •  

  • 筋肉量が落ちてきたと感じる
  •  

  • 疲れが取れない
  •  

 

 

 

など、これ等の更年期の症状は男女に共通します。

 

ただ、男性の場合はこれに勃起障害(ED)が追加されます。

 

 

 

 

 

男性更年期は自覚しにくい!

 

 

女性の場合は、生理が上がる前後5年の間に「女性ホルモン」の分泌が急激に下がっていき体内のバランスを崩すことで更年期障害がおきるようになります。

 

 

有る意味、年齢的に50歳前後になるので、これは更年期障害なのかなと自覚しやすいのかもわかりません。

 

 

ところが男性の場合は、男性ホルモンである「テストステロン」が徐々に低下していきますので、緩やかに体の機能が低下していくという感じです。

 

 

その為、更年期の症状であっても「疲れのせい」や「年のせい」にして放置しがちになります。

 

 

女性の更年期と違い、自覚しづらいのが男性更年期障害の特徴と言えます。

 

 

 

 

 

メタボリックシンドローム

 

 

男性更年期の症状で、肉体的なものの一つにメタボリックシンドロームが有ります。

 

 

これは、男性ホルモンである「テストステロン」が低下することにより、筋肉量が減りその分脂肪が付きやすくなるために起こります。

 

 

「テストステロン」の働きは、多岐に渡ります。例えば血液や精子を作る働きや骨や筋肉を作る働きなどがあります。

 

 

メタボで考えれば、「テストステロン」が低下していけば筋肉量が減っていきます。

 

 

中年になって筋肉量が減ると、代謝が悪くなりその結果脂肪が増えていきます。筋肉の代わりに脂肪が出来るようになるんです。

 

 

ある病院の調査では、筋肉が1キログラム減るのに対して内臓脂肪が2,5キログラム増えるというデータも有ります。

 

 

僕も数年前までは、メタボ体形で腹回りに凄い脂肪が付き、反対に太ももや腕や胸の筋肉はそぎ落ちていったので、さっきの筋肉の代わりに内臓脂肪が付くと言うのは実感しました。

 

 

体がメタボ体形にまでなってくると、性欲の減退やED(勃起障害)の症状も現れてきます。

 

 

 

 

 

 

勃起の仕組み

 

 

 

勃起はチンコの海綿体に血液を流し込むことで起きますが、普段はチンコの筋肉が緊張してチンコの血管を引き締めているので勃起しないようになっています。

 

 

これに性的な刺激などが加わる事により、血管から一酸化窒素というガスが生産されます。

 

 

この一酸化窒素がチンコの緊張をほぐすことにより、海綿体に大量の血液が送り込めるようになり勃起します。

 

 

所が、「テストステロン」が低いと一酸化窒素が十分に生産されません。

 

 

一酸化窒素の生産が十分でないと、勃起力が下がるようになるんです、そして、この一酸化窒素を生産する役割を担っているのが「テストステロン」なんです。

 

 

 

 

 

一酸化窒素はその他にも重要な働きをしています。

 

 

良く血管内に血栓などが出来ると、動脈硬化などの原因になると言われますが、血管内から出た一酸化窒素は血管内を綺麗に掃除をする役割も担っています。

 

 

それにより血液はスムーズに流れる事が出来るようになります。

 

 

チンコの海綿体に流れる血流がスムーズにいけば勃起をする事はさっき言いましたが、これは体全体にも言える事なんです。

 

 

動脈の中で陰茎(チンコ)の血管が一番細くその直径は1〜2ミリだそうです。

 

 

体内の血流が悪くなっていたら一番弱いと言うか一番細い血管が先に詰まってくるようになります。

 

 

もし勃起障害(ED)の症状がある場合、陰茎の血流が悪くなっている可能性があり、それが心臓の近くや脳の近くの動脈にも及んでいる場合最悪脳梗塞や狭心症の恐れも出てきます。

 

 

「テストステロン」の低下が元で、一酸化窒素の生産が出来なくなり、それにより血液の流れが悪くなることで様々な弊害が出ます。

 

 

 

イライラや体がだるい、朝立ちが無い、中折れをするなどの症状が出れば血管の詰まりなども疑って下さい。

 

 

重大な病気に進行していくかもしれません。

 



 



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ