男性力と人工甘味料の関係!|人工甘味料を摂り過ぎると勃起力が低下する?

男性力を上げるためのダイエット!| 実は勃起力を低下させていた!

 

 

今日は、内山です。
今日もご購読有難う御座います!

 

 

40歳を過ぎれば更年期の症状が出てきてもおかしくは有りません。
男性更年期障害の原因は男性ホルモンである「テストステロン」の低下と言われ、そして「成長ホルモン」の低下も相乗効果により関係しています。

 

 

これ等のホルモンの分泌を上げる事が出来れば、更年期の症状も随分と緩和されます。

 

 

ホルモンの分泌を上げる効果の有る方法としては、今までも何度か記事にしてきていますが下記の方法が有ります。

 

 

 

1、運動をする。筋トレが効果的。

 

2、バランスの取れた食事を摂る。

 

3、肥満を解消する。ダイエットをする。

 

4、質の高い睡眠を取る。

 

5、ストレスの少ない環境を考える。

 

6、禁煙する。

 

7、出来るだけアルコールを控える。

 

8、精力サプリメントでじっくりと体質改善していく。

 

 

これ等の方法が有ります。
その中でも死角と言うか、間違った方法でダイエットに励んでいる方がいます。

 

 

カロリーを出来るだけ取りたくないのでカロリーオフやカロリーゼロのうたい文句に刺激を受けて人工甘味料の一面だけを考えてそれらを摂取する人が後を絶ちません!

 

 

今日は、人工甘味料の危険性について考えて行きましょう。
現在、カロリーオフやカロリーゼロの食品や飲料水を摂取してい方は、この記事を最後まで読んでから良く考えて頂ければと思います。

 

 

甘味料とは?

 

 

まず甘味料とは何なんでしょう?

 

 

甘味料も大きく分けると、「天然甘味料」と「人工甘味料」分けられます。
「天然甘味料」には砂糖やハチミツ、メープルシロップなどが有り、カロリーが多いのが特徴です。

 

 

一方「人工甘味料」は実は2種類あって一つが天然素材を人工的に抽出して作られたものです。
ラカンカ、キシリトール、ステビアなどがこれになります。

 

 

そしてもう一つが、人工的に一から甘さを作った「合成甘味料」です。
アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムカリウムなどがそれに当たります。

 

問題なのが、最後の「合成甘味料」です。

 

 

 

「カロリーゼロ」の食品で本当にダイエット出来るの?

 

 

この中でも一番身近に摂取しているのがアスパルテームで、ほとんどのカロリーオフやカロリーゼロの食品、飲料水に含まれています。

 

 

ダイエットを実践されている方や、カロリーを気にしている方はこの「カロリーゼロ」 や 「カロリーオフ」の文字に反応しいてしまう気持ちはよ〜く分かります。

 

僕も肥満で苦労したことが有りますので^^

 

 

少しでもカロリーを控えたいと思う気持ちの表れで、どうせなら「カロリーオフ」が良いのが決まってますよね!

 

 

でもチョット待ってください!!! 

 

 

実際に「カロリーオフ」や「カロリーゼロ」の物を摂取して少しでも痩せたと感じたことが有りまか?

 

 

無いはずです。

 

 

 

実は合成甘味料にはダイエット効果なんてないんです!
無いと言うよりも、ホルモンの一種のインスリンを大量に分泌してしまうので余分な脂肪が余計に付いていく事が分かっています。脳が糖分と勘違いしてしまうんです。

 

 

 

「アスパルテーム」は毒?

 

 

 

余分な脂肪が余計に付くなんてことは「アスパルテーム」の毒性からしたらほんの入り口に過ぎません!

 

 

「アスパルテーム」の毒性はアメリカの色々な各機関で大量に発表されています。

 

 

一部を抜粋すると。

 

 

1、ポリーブの発生。

 

2、骨格異常。

 

3、内臓異常。

 

4、脳内伝達物質の異常。

 

5、脳障害児が生まれる可能性が有る。

 

6、精子の生成が減る。

 

7、脳障害。

 

8、不眠症。

 

9、うつ。

 

10、知能、記憶障害。

 

 

 

などが有り、「アスパルテーム」の毒性は「神経毒」だと言われているんです!

 

 

特にパーキンソン病に関しては、中枢神経の損傷に大きくかかわっている事は事実でパーキンソン病の発症の引き金になるとも言われています。

 

 

これは、「アスパルテーム」に含まれるメチルアルコールが原因で、メチルアルコールが単成分で存在するのと比べると、最大で5000倍の毒性作用が高まると考えられているんです!怖ろしいですよね!

 

 

又、アメリカハーバード大学の関連病院の発表によると、「ダイエットソーダが、リンパ腫や白血病のリスクを高めている」と発表していて、ボストン大学の研究チームは人工甘味料を一日に一回の頻度で飲んでいた人は、飲んでない人に比べて脳梗塞や認知症と判断される確率が3倍になることを発表しています。

 

 

これ等の事から考えられるのは、人工甘味料をダイエットのつもりで摂取しているとダイエットどころではなくなると言う事でしょう!

 

 

神経毒なのでそれは脳内に蓄積されていきます!
そして静かに体を蝕んで行くんです、ありとあらゆる病気の可能性が否定できないので当然勃起力にも影響しますし、何よりも精子を生成を阻害してしまいます。

 

 

僕も調べていくうちに、だんだんと恐ろしくなってきて、どうしても読者の皆さんにお知らせしなきゃと思った次第です。

 

 

具体的にどんな食品に含まれているのか?

 

 

余りにも多いので一部抜粋しますが。

 

 

【 ガム 】

 

眠気スッキリガム
アクオ
キシリッシュ
ブラックブラック
キシリトール
など

 

 

【 飲料水 】

 

カルピスソーダ
ダイエットペプシ
CCレモン
コカ・コーラゼロ
キリン メッツコーラ
など

 

 

【 その他 】

 

ブレンディ スティックココア
ネスカフェエクセラ
しるこ
カルピスの優しいお酒
ハチミツ黒酢ダイエット
VC3000のど飴
アセロラのど飴
パルスイート
など

 

 

これ等はほんの一部に過ぎません。
食品には、食品衛生法規定で「アスパルテーム」や「フェニルアラニン」を含む場合には表示をする義務が有りますので、是非裏面をしっかりと確認して購入する事をお勧めしますね。

 

 

 

「アスパルテーム」などの人工甘味料には依存性は有るのか?

 

 

最後にこれ等の人工甘味料に依存性は有るのか?

 

 

 

依存性は有ると思いますよね、実際にどれ位有ると思いますか?

 

 

実はコカインと同じぐらい有るんですよ!

 

 

 



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ