男性力の回復|勃起力が落ちる原因と対策!

男性力の回復、勃起力が落ちる原因とその対策を考える!

 

今日は、内山です。

 

今日も朝立ち有難う!

 

 

男性力の回復と言うテーマでこのカテゴリーは考えています。

 

 

人間には、寿命があって年を重ねるごとに老化していきます。

 

 

寿命には2つあって、死そのものを意味する寿命と、健康で毎日を過ごしていけるいわゆる健康寿命と言うものです。

 

 

ここで云う男性力とは、健康で毎日を過ごしていける健康寿命を指しています

 

 

SEX=勃起力=男性力それはすなわち健康寿命そのものといえます。

 

 

SEXは健康のバロメーターそのもので、元気にSEXが出来る事こそ健康そのものだと考えます。

 

 

 

実際にどこか一つでも不調が有ればたちまちSEXは出来ませんし、無理して頑張ってみたところでいい結果は待っていません。

 

 

40歳も過ぎた男性なら、1度や2度この様な経験が有るのではないでしょうか。

 

 

 

 

僕も経験が有ります、急にチンコが言うことを聞いてくれなくなってきたことが。

 

 

40歳位の時に、急に中折れがしたり途中で萎えてそれ以上出来なくなったことが有ります。

 

 

その時はショックでした!

 

 

今まで積み上げてきたものが急に崩れ出していくような感じで、どうしよう!どうしよう!どうしよう!ってなったことは覚えています。

 

 

そんな状態がしばらくは続きました。

 

 

SEXがまともに出来ないと言う事は、想像以上にダメージは大きく男としての自信やかっこよく言えばプライドなんかも失っていきます。

 

 

去勢された犬のように、男としての勢いがなくなってくのを感じました。

 

 

元々妻とは仲は良かったのですが、SEXが減ってくとなんか心が離れていくような気がしましたし一緒に買い物なんかも行かなくなりました、そして仕事はもちろん日常生活にまで自信が持てなくなります。

 

 

その後努力して回復できたものの、あのままだったら自分の人生はもう終わっていたなと思います。

 

 

そう健康寿命の終わりです。

 

 

誤解を恐れずに言わせてもらえば、「SEXは出来ない、でも健康だ」ってことは男であればありえない事だと僕は思いますので。

 

 

もちろん、元々SEXはそんなに好きでは無い男性もいるでしょう、でもそれはしないのであって出来ないんじゃないんです!

 

 

出来る男は「死ぬまでSEX」 「生涯現役」を目指してほしいものです!!!

 

 

 

勃起力が落ちる原因は

 

 

 

40歳に入ってガクッと勃起力が落ちていったのですが、同時に体のあちこちに不調が現れるようになりました。

 

 

一般的には加齢によって体が衰えていきます。

 

 

加齢により血管の弾力性が低下していき、その結果血行不良を起こして様々なところで不調をきたすようになります。

 

 

これが動脈硬化です。

 

 

ホルモンは体の中の様々な作用を調節する働きが有ります。

 

 

血管から血液と一緒に酸素やホルモンを体の隅々にまで行き届ける事で健康を保っているのですが、生活習慣の乱れや食生活の乱れ運動不足などにより、体内のバランスが保てなくなり血行不良を起こしていきます。

 

 

体の調子を取り戻すには血液の流れを良くしていかなけれがなりません。

 

 

 

勃起障害も結局は血行不良によって起きてきます。

 

 

血行不良は体中の全ての血管に及びますが、仕組み上一番弱い所に先に現れます。

 

 

ペニスの血管は体の中の血管中一番細くその直径は1ミリ〜2ミリです。

 

 

頸動脈で直径5ミリ〜7ミリ、そして、一番太い大腿動脈で直径7ミリ〜8ミリも有ります。

 

 

そのため動脈硬化により血行不良になれば、一番細いペニスに最初に症状が現れるようになります。

 

 

この血行不良は心臓の近くで起これば、心筋梗塞の可能性が出てきますし、脳の近くで起これば、脳こうそくの可能性が出てきます。

 

 

いづれにしても、勃起障害が起これば動脈硬化の初期症状とも言われていますので十分注意する必要が有ります。

 

 

 

これ等の事からも、チンコがギンギンになってSEXが出来る事は血行が良い証拠なので、体の中の健康を表していると言えるわけです。

 

 

 

40代に入れば、今まで以上にSEXの事を考えて欲しいものです。今まで以上にSEXをするべきなんです!

 

 

SEXをする事で、ストレスの緩和や精神的苦痛なども和らげてくれます。

 

 

そして、SEXで勃起をする事こそ勃起障害の予防になっていきます、勃起をさせてドンドン血行を良くしていってください!

 

 

そして、勃起力が回復すると、失いかけていた自信やプライドも取り戻せるし、生活全般が良い方向に行く事は間違いないでしょう。

 

 

 

勃起力を上げる具体的な回復方法やその効果は?

 

 

 

勃起力を上げるには、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌を上げていく必要が有ります。

 

 

先ほど、勃起障害は血行不良によって起こると言いましたが、「テストステロン」が低下していくとこの血行が悪くなっていくんです。

 

 

勃起とは、ペニスの海綿体に血液を流し込み膨張させて起こる事をいいます。

 

 

通常は海綿体に繋がる血管は収縮した状態なので血液が海綿体に流れ込むことは有りませんが、脳が性的刺激を受けると、その情報をペニスに伝えます。

 

 

すると体内で一酸化窒素というガスが生産されます、その一酸化窒素というガスの作用で海綿体に繋がる血管が緩み大量の血液がペニスに流れ込み勃起します。

 

 

勃起すると静脈が圧迫され海綿体の内圧が上がり、大量に流れ込んだ血液が出ていけなくなり勃起が維持されます。
一見単純にみえる勃起ですが、意外と複雑な経過をたどっていたんですね。

 

 

で大事な事は、一酸化窒素の働きがあって血管が拡張され血液の流れを良くして行くと言う事です。そしてこの大事な働きをする一酸化窒素を生産する役割を「テストステロン」がになっています。

 

 

勃起力に限らず、血行を良くしていく事は、体全体にとっても動脈硬化などの予防にも繋がってきますので心がけていきたいものです。

 

 



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ