男性更年期障害や勃起不全を改善する方法

男性更年期障害は自力で改善できる?自力で改善するための方法や期間は!

 

男性更年期の症状って自力で改善は出来るのか?

 

 

今日は、内山です。

 

 

僕は、40歳を過ぎたころに、普通にSEXが出来なくなったことが有りました。

 

 

やる気は満タンに有るのですが、いざ行為に及ぶとチンコが立たない!反応しない!妻にフェラチオで大きくしてもらってよし!挿入するかっ!って行動に移すわずかな時間に萎えてしまったりですね!!

 

 

とにかく全くいう事を聞いてくれなかったときは本当に焦りました^^。

 

 

そんな事があって、勃起障害や勃起不全、インポーテンツってことを調べていったんです。

 

 

僕の場合は、途中で萎えたり、中折れしたりと言った事が殆どだったので勃起障害だって事が分かりました。(立つには立ったので)

 

 

ちなみに、勃起障害、勃起不全、EDは同じ意味で使われていて、インポーテンツは一昔前によく聞いた言葉でしたが、いまは勃起不能の場合を指すようで全く立たない症状の事です、勃起不全や勃起障害は、勃起はするけど力強くは立たないや中折れして最後までSEXが出来ない状態の事で、インポーテンツとは違う意味で使われています。

 

 

40歳そこそこで、中折れしたり、途中で萎えたりは年のせいでしょうがないのかなっとも思いましたが、やっぱり男なのでそこは認めたくはなかったです。^^

 

 

このまま進行していって、SEXが出来なくなるんじゃないかって思う反面、疲れのせいだからそのうち良くなるだろうとも思ったりもしましたね。

 

 

こういう人って結構多いと思います。「疲れ」や「寝不足」などが原因だろうって自己判断してしまう人って。

 

 

その結果、進行が増々進んでいって次のステージに行ってしまうんです。

 

 

この勃起障害の原因を色々調べていった結果、男性の更年期障害にたどり着きました。正式名称「加齢男性性腺機能低下症候群」別名「LOH症候群」とも言われています。

 

 

 

女性の更年期障害は聞いたことが有りましたが、男性の更年期障害?って感じで初めて聞いたので軽いカルチャーショックを受けた事を、覚えています。ホント無知でした!

 

 

でね!実は男性の更年期障害の症状って言うのは、勃起障害だけではないんです。

 

 

 

例えば。

 

 

1、筋肉、骨、関節が痛む。

 

2、ホットフラッシュ(火照り、発汗)が起きる。

 

3、物忘れがひどくなる。

 

4、仕事に集中出来ない。

 

5、疲れが取れない。

 

6、イライラする。

 

7、神経過敏になる。

 

8、生きる気力がわかない。

 

9、性欲がわかない。

 

10、力強い勃起が出来ない。

 

 

などの症状が有ります。

 

 

9番、10番以外は女性と共通していますね。

 

 

 

この男性更年期障害になる原因ですが、多くの場合加齢による「テストステロン」の低下が原因と言われています。

 

 

「テストステロン」というのは、男性ホルモンの一つで男性ホルモンの全体の95%以上を占めています。

 

 

男性ホルモンは「テストステロン」の他には、

 

 

1、ジヒドロテストステロン
2、デヒドロエピアンドロステロン
3、アンドロステロン
4、アンドロステンジオン

 

の5種類が有ると言われていて、男性ホルモンの主な作用は「テストステロン」と考えられています。

 

 

話がチョットそれますが、薄毛の原因とされているのが1番のジヒドロテストステロン(DHT)で、2番のデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)は若返りのホルモンと言われています。

 

 

 

 

 

加齢が原因で低下する「テストステロン」ですが、他にも生活習慣の乱れなどが原因でホルモンバランスが乱れ低下するとも考えられています

 

 

加齢による低下は、体が老化現象などで酸化する事で起きてきます。「テストステロン」は精巣で多く分泌されますが精巣は酸化に弱いので、「テストステロン」が低下していく原因になるようです。

 

 

 

自力でホルモンの分泌を促進するのは可能なのか?

 

 

でこの男性ホルモンの「テストステロン」ですが、自力で分泌する事が出来るのか?ですが。

 

 

結論から言えば自力での分泌は可能です。

 

 

メンズヘルスなどでは、ホルモン補充療法として、注射で直接体内に入れるケースや塗り薬などが有りますが、これだと脳が自力で分泌する必要が無いと判断してよけい自力分泌する力を弱めていきますのであまりお薦めは出来ないかと・・・ホルモンは脳が分泌する必要が有ると認識して指令を出すからです。

 

 

自力分泌を促す方法は、生活習慣を改善していく方法と、サプリメントを服用してじっくりと体質改善していく方法が有ります。

 

 

 

生活習慣の改善方法は。

 

 

1、バランスの取れた食事。

 

2、筋トレを中心にした運動。

 

3、質の高い睡眠。

 

4、飲酒や喫煙。

 

5、出来るだけストレスのない生活。

 

 

などですが、現代社会で生きている生活の中ではどれもハードルが高いと言えます。

 

 

年代で見ても、若い頃なら少し改善するだけでもホルモンの分泌は促進されますが、40歳も過ぎてくると少しの改善位で促進していくのは困難です。

 

 

20代で分泌のピークを迎えるホルモンも、40代を過ぎ更年期の症状が出ている体では分泌量がかなり減っているので、生活習慣の少しの改善位では「補いきれない」と言うのが正直な所です。

 

 

僕がお勧めするのは、生活習慣の改善を出来る範囲でして、足らない所をサプリメントで補っていくのが漏れの少ない方法です。

 

 

高配合サプリメント「マカ&クラチャイダム12000」

 

 

精力サプリメントとED治療薬の違いは?

 

 

確かに勃起障害だけならED治療薬でもOKなんですが、ED治療薬のメカニズムはペニスの血行を良くして勃起力をサポートするものでSEXは可能になりますが、そのたびに飲む必要が有ります。

 

 

極端な話、「バイアグラ」が無いと全くSEXができないと言う事になってしまいます。

 

 

僕も一時お世話になっていましたが、そう考えると怖くなり服用をやめた経緯が有ります。

 

 

また、ED治療薬はあくまでも薬なので副作用が有ります。

 

 

報告されているだけでも、ほてりや目の充血、頭痛や動悸、鼻づまりなどが有りこれらは9割以上の人に症状が現れると言われています。また、他の薬と併用することで、体に悪影響を与えてしまう事も有ります。

 

 

 

 

そして、ED治療薬では勃起障害にしか効果が無いと言う事です。

 

 

先程の例でも分かるように、更年期障害の症状は勃起障害だけでは有りませんし、「テストステロン」の低下によって症状がでるわけなので、ED治療薬だと根本からの改善にはなりません。

 

 

 

その点サプリメントは自然食品なのでほとんど副作用などもなく、薬のように即効性は有りませんが、根本から体質改善をして行くにはお勧めできます。

 

 

 

サプリメントを服用する期間は?

 

 

 

何時まで飲み続ける必要が有るのか?

 

 

これは、個人差が有りますので期間では一概に言えません。

 

 

 

参考値ですが、効果を実感するまでが一つの目安になります

 

 

効果を実感したということは、有る程度体質の改善が進んだと言えますので「テストステロン」の分泌も促進されて来たと言えるからです。

 

 

服用をやめてから、又、疲れが残るように感じてきたらもう一度のみ始めるのも一つの方法だと思います。

 

 

サプリメントは自然食品で副作用も無いので自分の体と相談して決めていけばいいと思います。

 

 

体の中でサプリメントが効いていく仕組み。




【 新陳代謝にはサイクルが有ります 】



肌が生まれ変わったり、髪の毛が生え変わったり、けがをして治る過程でも新陳代謝は行われています。



血液や肌、臓器や胃腸、骨など全て一定のサイクルで生まれ変わっていきます。



精力サプリメントを飲んでもすぐに効果が表れないのは、この新陳代謝のサイクルが有るからなんです。




【 生まれ変わる周期 】


血液           120日         
肌細胞          28日 
心臓            22日
胃腸           3日〜7日
骨             2年



骨が一番遅く、完全に生まれ変わるのに5年〜7年かかると言われています。




上記は若い場合なので、年をとるほど新陳代謝は悪くなって時間もかかるようになります。



例えば、肌細胞は20代の頃は、28日周期と言われていますが、40代になると55日程度かかると言われています。



精力サプリメントを飲んだからと言って、すぐに効果が表れないのは、この新陳代謝が有るからなんです。



新陳代謝は、血液の循環により体の隅々にまで「酸素」や「ホルモン」などをいきわたらせる事によって新陳代謝を活発にします。



血液はおよそ120日で入れ替わると言われています。




なので、精力サプリメントを飲んでもしっかりと体質を改善させようと思ったら、120日は必要と言う事になります。




今日飲んだサプリが、4か月後の血液の循環によって体内を循環すると言ったイメージを持ってください!



血液が生まれ変わるまでに4か月かかる事から、精力サプリメントを飲んで効果が有る程度実感できるようになるまで、最低でも3か月程度は必要になります。



3か月も!と思うかもしれませんが、これからの長い人生の内のたったの3か月です!

 

 



 

 

マカ&クラチャイダム12000+


一番効果を実感したのが、このサプリメントです!



元々勃起障害で色々調べていくうちに、男性ホルモンの低下による男性更年期障害に行きつきました。



勃起障害の改善には、「テストステロン」を上げていくしかなく、それには精力サプリメントが最適なのを知った訳です!



そして見つけたのが、このマカ&クラチャイダム12000+でした。



一袋に詰め込まれた有効成分量に度肝を抜かれました!



天然マカ6000ミリグラムとクラチャイダム6000ミリグラムです。



そして、追加でアルギニン6000ミリグラム!サプリ一粒でこれらが各100ミリグラムも取れるんです。



続ける為には、サプリ自体が飲みやすいのと、価格が安いと言うのが絶対条件なのでそう言う意味でもこのサプリメントは頭一つ出ています。



他のサプリでこの成分量だとかなりの高額になるのは間違いないですよ!




マカは有名!



男なら一度は聞いたことが有ると思います。



精力減退や勃起不全などを改善するためのサプリには多く含まれている植物です。



この植物は、アルギニンや亜鉛、鉄、サポニンなどのミネラルやビタミンをたっぷり含んだスーパーフードです。



中でも注目なのが、アルギニンでこの成分は、加齢によって低下する成長ホルモンの分泌を促進します。



成長ホルモンは、代謝を良くし脂肪を減少させ、筋肉や骨を強くし、活力や集中力を高めて全身の若返りにも効果を発揮します。



そして、筋肉量を増やす事で「テストステロン」の分泌が促進されます!(筋肉を刺激し筋肉量が増える事によって「テストステロン」も活性化していきます。)



こんなパワフルな植物のマカですが、もしもそれよりももっと凄い植物が存在すると言ったらあなたはどうしますか?


そんな凄い植物が有るのなら知りたいですか?



ハイ!



それがクラチャイダムという植物なんです!



あまり聞きなれない植物だと思いますが、実はあのマカをも凌駕するスーパーフードなんです!



マカは一部のサプリメーカーが取り上げたことで、一躍有名になりましたが実はクラチャイダムの方がアルギニンの量はマカの2,6倍も含まれています!



その他にも、必須アミノ酸や抗酸化作用に優れたポリフェノール、ミネラル、植物繊維などの有効成分を豊富に含んでいます。



マカとクラチャイダムを同時に取る事で、必須アミノ酸のバリン、ロイン、イソロイシンを両方から取ることが出来るんです。



バリン、ロイン、イソロイシンとはBCAAと言われ、活力維持のエネルギー源として必須の成分です!



この他にも、体内のバランスを保つのに重要なミネラルの亜鉛やトンカットアリ、牡蠣、スッポン、マムシの成分まで配合しています。



ここまでの高いクオリティーでコスパが良いのが最初に選んだ理由です!


そして、国内生産という安心安全な所もダメ押ししました!

 

 





ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ