男性更年期障害や勃起不全を改善する方法

男性更年期障害の原因で成長ホルモンは関係しているのか?成長ホルモンが低下したらどうなるの?

 

 

今日は、内山です。

 

 

男性更年期障害の原因でよく聞くのが男性ホルモンである「テストステロン」というホルモンですよね。

 

 

前の記事でもテーマにしていますが、男性更年期の主な原因が「テストステロン」の低下です。

 

 

誰でも加齢によって低下していくものなんですが、個人差が有るのはやはり生活習慣に左右される事が大きいからです。

 

 

ストレスが大きい環境だったりバランスの悪い食事や寝不足、喫煙や飲酒などにより急激に低下していくものです。

 

 

特に、40歳以降にもなってくると、いったん低下した「テストステロン」は何もしないで回復することは有りません。

 

 

だから一度勃起障害が出てしまったが放置していたらいつの間にか治っていた、なんてことはあまり聞きませんよね。

 

 

そして影響は性機能に限った事では有りません。

 

 

 

 

この「テストステロンは、男性ホルモンの95%に及ぶので量から言ってもかなり影響が有るのが分かります。

 

 

「テストステロン」の働きは、男らしい体格、筋肉や骨を作り出し闘争心ややる気を高める作用、もちろん性機能の維持や精力、性欲なども高めてくれます。

 

 

その他にも、ドーパミンを生産し精神の安定をもたらし、血管の状態を正常に保ち血流にも関与しています。

 

 

中でも一番興味が有るのが、性機能に直結するホルモンと言う事です。

 

 

「テストステロン」が低下することで立が悪くなって来たり、中折れすると言ったようないわゆる勃起不全(ED)の恐れが出てきます。

 

 

日本ではあまり聞きませんが、ヨーロッパなどでは男がEDになると離婚騒動にも発展するらしく夫婦生活の大事なファクターにもなります。

 

 

 

SEXが弱くなった夫をつかまえて、離婚騒動になるなんてヨーロッパらしいですよね!

 

 

 

日本では勃起はするけど硬さが無いや中折れすると言った軽度なEDを含めれば、推定で1800万人いるとされており、3,4人に1人はEDの症状が有ると言われています。

 

 

 

でも注意すべきなのは、EDは単純に勃起不全だけの問題だけでは無くて、高血圧や高血糖あるいは高脂血症の疑いも出てくると言う事です。

 

 

 

その結果、メタボリックシンドロームの進行をすすめ、動脈硬化などの生活習慣病を発症させていきます。

 

 

 

こうしてみると、「テストステロン」は体全体の健康維持には欠かせない物質と言う事が、分かります。

 

 

 

僕の周りの同年代の友達の中にも、やたら元気がよくハツラツとしている奴がいるんですけど、調べたことは無いらしいんですが多分「テストステロン」値は相当高いと思います。

 

 

そう言う人って言うのは、いつも元気だからそんな事気にならないんでしょうね!

 

 

 

成長ホルモンも男性更年期障害に影響が有るのか?

 

 

「男性ホルモン」はよく聞くけど「成長ホルモン」って聞いたことが有ります?

 

 

 

「男性ホルモン」の働きは先ほども言いましたが、男らしい体格や男らしい性格、筋肉や骨を作り出したり、精神の安定から性機能に至るまでかなり多岐に渡ります。

 

 

 

それでは「成長ホルモン」はどんな働きをしているのか見ていきましう!

 

 

 

成長ホルモンは文字通り人間の成長に欠かせないホルモンの一つです。

 

 

 

特に、子供にとっては身長や体重、骨に至るまで体全体の発育を促進してくれる大事なホルモンです。

 

 

 

では大人になったら関係なくなるのかというと、そんなことは無く大人にも大事なホルモンなんです。

 

 

その働きは。

 

 

1、たんぱく質を材料として筋肉を増強する働き。
2、骨を作る働き。
3、体の中の脂肪を分解、脂肪がつきにくい体質にする働き。
4、コレステロールを抑える働き。
5、体内の糖質のバランスを調整する働き。
6、体をアルカリ性優位に保とうとする働き。
7、免疫力の強化。
8、皮膚の代謝を活性化する働き。
9、「男性ホルモン」と相関係しあって作用する働き。

 

 

など多岐に渡ります。

 

 

特に、新陳代謝を活性してくれるので、成長ホルモンが高い人ほど若々しくいられますし、9番の「男性ホルモン」と関係して作用する働きも大変興味が引かれる部分です。

 

 

 

この「成長ホルモン」も10代〜20代前半でピークを迎え、40歳にもなるとピーク時の半分ぐらいまで減ってしまいます。

 

 

 

「成長ホルモン」が減る事で色んな所で不調をきたすようになります。

 

 

1、脂肪を分解する機能が低下していきコレステロールが増加する。
2、肥満になりやすくなる。
3、血行も悪くなり、生活習慣病になりやすくなる。
4、肌が荒れてきたり、免疫力が低下してくる。
5、筋肉量が落ち、骨粗しょう症のリスクが高くなる。

 

また、精神的な部分でも。

 

6、訳も無く不安になる。
7、うつ症状がでる。
8、集中量が持たない。
9、物忘れがひどくなる。
10、イライラして人にあたってしまう。

 

 

何か、今までの様に日常生活が上手に送れなくなってきてしまいます。

 

 

 

こうしてみると、「テストステロン」と「成長ホルモン」は体に対して重なる作用を共にしていることが分かります。

 

 

 

また、ともに相まって刺激しあう事でそれぞれの分泌を活性化しているのです。

 

 

 

例えば、成長ホルモンが増えると筋肉量が増加していきます。実は「テストステロン」は筋肉の刺激により活性していきますので成長ホルモンの増加によって筋肉量が増えていく事が直接「テストステロン」の分泌を促進することになっていきます。

 

 

 

男性更年期障害の主な原因は、男性ホルモンである「テストステロン」の低下から来るのは間違いの無い事なんですが、成長ホルモンが増える事により「テストステロン」が増えるので「成長ホルモン」も男性更年期障害には関係が有ると言っていいと思います。

 

 

マカやクラチャイダムはホルモンの分泌を促進する効果が有る事が分かっています。

 

そのマカとクラチャイダムさらにアルギニンなどのアミノ酸、SEXミネラルといわれる亜鉛、ビタミンなどをバランスよく配合した精力サプリメントがこのマカ&クラチャイダム12000プラスです。

 

サプリメントは薬の様に即効性は有りませんが、その分副作用が無くじっくりと体質改善をしてくれるので長い目で見ればより安全に、健康維持には向いていると言えます。

 

僕がお勧めするこのサプリメントは、国内の厳しい環境で安全管理の元生産されていて安心ですし、コストの面でもより続けやすくなっています!

 

 





ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ