男の精力が落ちてくる時期や原因と対策!

男の精力が落ちてくる時期や原因対策について。

 

今日は、内山です。
今日も朝立ち有難う!

 

 

最近なんか精力が落ちて来たなとか。

 

立が悪くなって来たなと感じたのは何歳位からですか?

 

 

僕は確か40歳前後だったと思います。中折れしたのが結構ショックだったのを覚えています。

 

 

それまでは、SEXに絶対的な自信を持っていたので。(大きさは並み以下ですが)

 

 

友達との話の中では色々と聞いていてしってはいましたが、まさか自分が!って感じでした。

 

 

でね、ちょっと調べてみたんですけど、精力のピークは10代〜20代前半ぐらいで実際には20代の後半には下降に入るらしいです。

 

 

これは、20代前半位までが「男性ホルモン」の分泌が盛んで、これ以降徐々に「男性ホルモン」の分泌が下がっていくのが原因です。

 

 

なので、40歳位で中折れをするのはおかしくないのですが、50代の友達なんかはエッチは毎日でもOKで「中折れするなんて信じられない!」と言うやつもいます。

 

 

また、20代の人でも精力が無いって人もいますので、加齢だけが原因ではないようです。

 

 

60歳を過ぎても元気な人を見ると「凄いなって」思いますよね!

 

 

精力が落ちてくる直接の原因は男性ホルモンである「テストステロン」の低下によるもので、一般的には加齢によって落ちてきますが、人それぞれタイミングが違うみたいです。

 

 

どんな原因があって「テストステロン」の分泌が低下していくのか、考えて行きましょう!

 

 

 

精力が衰えていく様々な原因

 

 

 

精力が落ちていく直接的な原因は、男性ホルモンである「テストステロン」や「成長ホルモン」が低下することによることは知られています。

 

 

問題は、その「テストステロン」がなぜ低下していくのかです。

 

 

自分の精力が落ちていったのは一体何が原因なのかを知っておくのも、今後の為には大事な事だと思います。

 

 

1、加齢による「テストステロン」の減少
2、過度なストレス
3、過食や偏食
4、睡眠不足
5.運動不足
6、喫煙や飲酒

 

 

 

などが考えられますね。

 

 

 

加齢による「テストステロン」の低下、20代後半から「テストステロン」の分泌は徐々に下がっていきます。
これは避けられないのですが、人によって「テストステロン」の減り方が違う事も分かっています。

 

 

同級生に会っても、生き生きと元気な奴もいれば、なんか急に老けていったなと言うやつがいますよね、これなんかは「テストステロン」の分泌の違いだと考えれば納得がいきますよね。

 

 

また、現代はストレス社会だとも言われています、仕事が上手くいかなかったり、上司や同僚との付き合い、子供の教育の事や奥さんとの仲などなど、悩みは尽きません。

 

 

バランスの取れた食事をしたくても、仕事が忙しくて難しいと言う人も多いと思います。

 

 

どうしても忙しいので、昼は簡単に済ましたり、残業で遅くなると帰りに一杯引っ掛けたり。

 

 

ラーメンにチャーハンなんて最悪なオーダーをしていませんか?揚げ物や油ものなどの消化に悪くてカロリーは高いけど栄養価は低い、そんな食事ばかりでは体は持ちませんよ!

 

 

睡眠にしても、仕事で帰ってくるのが遅ければ睡眠不足になりますし、色々と心配事ばかりでは質のよい睡眠は出来ません。

 

 

特に、夜10時〜2時位までが睡眠のゴールデンタイムと言われていて、「ホルモン」の分泌が一番活性化する時間帯です。

 

 

この時間帯によく眠れていますか?

 

 

運動も他人事では有りません、運動不足が中々解消されません。(笑)

 

 

すこし時間が出来ればとにかく休みたいのが本音です、なので運動したり散歩が良いのは分かっていても出来ないし、やり始めても中々続きませんよね。

 

 

運動不足は、血行不良の原因にもなりますし、筋肉の衰えは直接勃起力の低下にもつながります。

 

 

血行不良と言えば、喫煙や飲酒も血行不良の原因になります。

 

 

30歳を過ぎると別段以上が無くても血管は硬化していきます。弾力性が低下していき動脈硬化から血管が拡がらずにペニスに十分な血液が流れ無い為勃起力の低下につながっていきます。

 

 

その上に喫煙や飲酒をすれば・・・簡単に想像できますよね。

 

 

結果的には原因を特定するのは難しいし、実際にはこれ等の原因が重なり合っているのかもわかりません。

 

 

上の2番〜6番までをご自分で心当たりがないか考えて下さい。

 

 

精力の減退は言い換えればED,勃起不全です。

 

 

「EDの定義は、性交渉の際に十分な勃起が得られない事」とあり、この様な状態が少なくとも3か月程度続いている場合だと言われます。

 

 

具体的には、性欲が有っても思うように立たない事や、SEXの途中で萎えてしまう、中折れするなどの症状です。

 

 

 

精力を維持するためにこれだけはしたい

 

 

精力の減退(ED)には色々な悪条件が重なり合っている事が想像できます。

 

 

加齢による「テストステロン」の低下は仕方の無い事にしても、2番〜6番は改善も可能でしょう。

 

 

でも、実際には忙しい世界で生きている僕たちには難しいのが現実です。

 

 

でもね、だからと言って放置していても回復に向かう事は有りません。

 

 

元々「テストステロン」の低下が原因ですから、精力サプリメントを飲んで強制的に「テストステロン」の分泌を上げるのはどうですか?

 

 

サプリメントですから即効性は有りませんが、これから将来的に考えて自力でSEXをしたい!っと考えているのでしたらサプリメントがお勧めです!

 

 

確かに、精力サプリメントと聞くとイカガワシイイメージも有りますが、決して全部が全部でたらめな訳では有りません。

 

 

真面目に研究されて、「組織細胞再生学」元づいた配合をしているサプリメントも有ります。

 

高配合サプリメント「マカ&クラチャイダム12000」

 

 

僕のお勧めしているマカ&クラチャイダム12000+は、マカとクラチャイダムを配合しているので必須アミノ酸のBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)やアミノ酸のアルギニン、ポリフェノール、ミネラル、植物繊維などの成分をバランスよく配合しています。

 

 

特に、アルギニンは体内で一酸化窒素と言うガスを作る働きが有ります。この一酸化窒素というガスは、血管を拡張して血液の流れを良くしてくれますので動脈硬化や高血圧、その他の生活習慣病などの予防改善に効果が有る事が分かっています。

 

もちろん勃起力の強化にも効果が有ると言われています。

 

 

また、アルギニンは、「成長ホルモン」の分泌を活性化させます。

 

 

代謝を促進、脂肪を抑えて筋肉の増加をする役目も有りますので肥満や、メタボリックシンドロームの予防にも働いてくれます。

 



 

 

体の中でサプリメントが効いていく仕組み。




【 新陳代謝にはサイクルが有ります 】



肌が生まれ変わったり、髪の毛が生え変わったり、けがをして治る過程でも新陳代謝は行われています。



血液や肌、臓器や胃腸、骨など全て一定のサイクルで生まれ変わっていきます。



精力サプリメントを飲んでもすぐに効果が表れないのは、この新陳代謝のサイクルが有るからなんです。




【 生まれ変わる周期 】


血液           120日         
肌細胞          28日 
心臓            22日
胃腸           3日〜7日
骨             2年



骨が一番遅く、完全に生まれ変わるのに5年〜7年かかると言われています。




上記は若い場合なので、年をとるほど新陳代謝は悪くなって時間もかかるようになります。



例えば、肌細胞は20代の頃は、28日周期と言われていますが、40代になると55日程度かかると言われています。



精力サプリメントを飲んだからと言って、すぐに効果が表れないのは、この新陳代謝が有るからなんです。



新陳代謝は、血液の循環により体の隅々にまで「酸素」や「ホルモン」などをいきわたらせる事によって新陳代謝を活発にします。



血液はおよそ120日で入れ替わると言われています。




なので、精力サプリメントを飲んでもしっかりと体質を改善させようと思ったら、120日は必要と言う事になります。




今日飲んだサプリが、4か月後の血液の循環によって体内を循環すると言ったイメージを持ってください!



血液が生まれ変わるまでに4か月かかる事から、精力サプリメントを飲んで効果が有る程度実感できるようになるまで、最低でも3か月程度は必要になります。



3か月も!と思うかもしれませんが、これからの長い人生の内のたったの3か月です!

 




 


ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ