40歳で中折れ?その早すぎる原因と対策!

40歳で中折れ?その早すぎる原因と対策!

 

40歳で中折れ?その早すぎる原因と対策!

 

 

こんにちは、内山です。

 

 

僕の周りの比較的若い部類に入る人達の間からも、「最近中折れをした」「半立ちで如何にもならない!」と言う話を聞くことが増えています。若いと言っても30代後半から40歳になったばかりの人達ですが。

 

 

僕らから見ればそれでも十分若い部類に入る訳です!((´∀`))

 

 

確かに最近では30代になるとSEXの時に「中折れ」「半立ち」で満足できるSEXが出来なくなったと言う事を良く耳にします。この原因としては単純に仕事での「疲れ」や「ストレス」で一時的に体力、精力が落ちている場合も考えられますので、まずはそこまで気にする必要はないと思います。あまり気にし過ぎてもそれがまた、ストレスの原因になりますから。

 

 

ですが、しばらく様子を見て改善の兆しが無い場合は、体内の「テストステロン」と「成長ホルモン」が何らかの原因で急激に低下している可能性も有ります。その場合放置していても改善することはほとんどないと言われているので何らかの対処が必要になります。

 

 

何故、「ホルモン」は低下するのか?

 

 

 

体内の「テストステロン」と「成長ホルモン」はホルモンの中でも特に男に取って大事な「ホルモン」で、筋肉や骨の増強、造血、代謝アップ、精力の維持、などの働きを担っています。なのでこれ等の「ホルモン」が不足する様になると、精力の低下はもちろん、その他の部分でも不調が出るようになっていきます。

 

 

男性ホルモンの「テストステロン」は一般的には加齢とともに低下するのが普通です。年齢的には40歳以降でしょうか、でも40歳以降に低下すると言っても普通は徐々に低下していくのであって急激に下がることは有りません。

 

 

逆に緩やかに低下する事で「男性更年期」の症状だと気が付かない場合が殆どです。僕たち中年が何となく調子悪いとか疲れが取れないとかって「男性更年期障害」が原因って事が多いんですよ、でも自分では原因が分かっていないんです。

 

 

ただこの辺は人によって個人差が有る事なので、本来は緩やかな低下も人により大きく低下していく場合も有る訳です。また、同じ年代でも今までの生活で「テストステロン」を減らさない様な生活とその反対の生活でも長い時間でみると体内の「テストステロン」の値は変わっていくはずです。

 

 

知らない内に「ホルモン」が低下しにくい生活習慣をしている人がいる一方、自分でもこれはマズイと思っていながら今の生活習慣を続けている人もいてこの辺が、同じような年代で若く見える人と老けて見える人の別れる所と言えるんですね。

 

 

ストレスが「テストステロン」を低下させる訳!

  

 

 

その他に急激に「テストステロン」が低下する原因は、ストレスが大きいと思います。

 

 

その訳は、人がストレスを感じると「コルチゾール」というストレスを軽減するための「ホルモン」が分泌されるようになります。この「ホルモン」の原料は「テストステロン」と同じタンパク質なので「コルチゾール」が多く分泌されると今度は「テストステロン」の原料が足らなくなってしまい分泌の量が低下してしまうんです。

 

 

ストレスの緩和には良く、カルシュウムを多くとらないといけないと言いますが、同じように「タンパク質」も多く取る必要が有ります。カルシュウムやタンパク質を多くとることで日ごろのストレスを軽減する作用が有るんです。

 

 

ぼくが良くお勧めするサプリメントはこの辺も優れていて、上質な「タンパク質」をバランスよく摂ることが出来ます。

 

 

内山がお薦めの精力サプリメントはこちら!  

 

 

タンパク質は20種類以上ある「アミノ酸」から作られるものなんですが、食材により「アミノ酸」の組み合わせが違うんです。早い話がとにかく「タンパク質」だから何でもいいと言う話ではないんです。

 

 

例えば、動物系由来の「タンパク質」と穀物系由来の「タンパク質」はそのアミノ酸の構成が違うので、同じ「タンパク質」だからといって動物系の物ばかりでもだめだし穀物系の物だけでもだめな訳です。あらゆる構成の「タンパク質」を摂って初めて体の為に働いてくれるようになります。

 

 

これらの栄養素は本来は毎日の食事で摂取する事が出来ていたのですが、現代ではそれが難しくなっていると言われています。やはりそれは現代人の生活習慣がひと昔前とは大きく変わって来た事が言えると思います。

 

 

特に今の、30代ぐらいの人は「コンビニ食」のど真ん中世代でしょうから、慢性的に栄養素が足らない食生活を送っていて、それが当たり前の様な生活習慣になっているんだと思います。

 

 

一方僕たち50代以上の世代では、食生活や生活習慣を有る程度気にしては要るもののやはり、良い生活習慣を送れている人は少ないのが現状です。ほとんどの中年が自分の生活習慣の乱れを分かっていながら改善出来ないところにストレスを感じています。

 

 

さっきも言いましたが、必要な栄養素は食事でとるのが基本ですが中々上手く出来ない。そんな時に積極的に摂ってほしいのが精力サプリメントなんです。

 

 

人の体は、たんぱく質が必要と言っても単一なタンパク質では偏っていてダメな訳です。色んなアミノ酸の構成のタンパク質をバランスよく摂取しないと体に上手く作用しません。「動物系由来のタンパク質」や「穀物系由来のタンパク質」をバランスよく取らなければいけないのはこういう事が有るからなんです。

 

 

それから、同じアミノ酸でも「必須アミノ酸」と呼ばれるものが有りまして、この「必須アミノ酸」は体の中で合成する事が出来ない為に、外部から食材やサプリといった形で摂取する以外に体内に運ぶ手段が有りません。

 

 

つまり、意識して摂取しないといつも不足している状態になっていると言う事です。そして摂取するにも僕たちの様な中年はすでに「消化吸収」能力も落ちているので食事から摂取しようとしても不十分になります。

 

 

僕が薦めている精力サプリメントの優れている所は、色んな構成の「アミノ酸」をバランスよく配合していてしかも天然由来の成分で出来ているので体に優しく安全に吸収する事が出来る点です。

 

 

内山お薦めの精力サプリメントはこちら!  

 

 

精力サプリメントが精力アップの為のものでは無い訳!

  

 

 

僕たち中年にとっては体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」の分泌は、健康維持のためには最も必要なものです。そしてその「テストステロン」や「成長ホルモン」の分泌に欠かせない栄養素が「タンパク質」と言う事は先ほども言いました。

 

 

「タンパク質」の元になる「アミノ酸」は20種類あって、そのうちの8種類が「必須アミノ酸」と呼ばれるものです。この8種類の「必須アミノ酸」に限っては体内で合成できないので外部から摂取する必要が有ります。しかも決められたバランスで摂取しないと「タンパク質」にする過程で合成が上手くいかないと言われています。

 

 

必須アミノ酸の種類

 

 

1、バリン

 

2、ロイシン

 

3、イソロイシン

 

4、リジン

 

5、メチオニン

 

6、フェニルアラニン

 

7、トリプトファン

 

8、スレオニン

 

 

の8種類でこのうちの、どれかが多くても、どれかが少なくてもバランスを崩してしまいダメな訳です。これ等をバランスよく食事から摂取するには毎日色々な食材を選び、レシピに頭を抱えながらメニューを考える必要が有る訳です。毎日出来ますか?

 

 

昔から言われている、滋養強壮に良い食材として、マムシやスッポン、オットセイのペニスなどは必須アミノ酸がバランスよく摂取できる完成度の高い食材と言う事が化学的にも立証されています。先人の知識というか知恵は本当に頭の下がるものが有りますよね。

 

 

でも、これ等の食材がいくら良いと言っても毎日食べる事は困難なのでその不足した部分を精力サプリメントで摂取するのが効率の面を考えても良い訳なんです。

 

 

管理人お薦めの精力サプリメントはこちら!  

 

 

体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」の分泌が増えてくると、勃起力のアップはもちろん、その他にも

 

 

1、目覚めがスッキリする

 

2、筋肉や関節の痛みが無くなる

 

3、体が楽に感じる

 

4、精神が落ち着く

 

5、夜トイレに行く回数が減る

 

6、おしっこの漏れが無くなる

 

 

などのいい状態になっていきます。

 

 

 

40代からの精力に欠かせない成分とは!

 

 

 

中年と言われる年齢の40代からは特に意識的に摂取する必要がある成分が有ります。それは「アルギニン」です。

 

 

「アルギニン」の名前は少しでも精力剤やサプリメントに興味がある人なら聞いたことは有るのではないでしうか。「アルギニン」とは実は「アミノ酸」の1種なんですが精力剤や精力サプリメントと言われるものには必ずと言っていいほど配合されています。

 

 

この「アルギニン」こそ特に意識して摂ってほしい成分なんです。

 

 

特に精力に関しては大変大事な成分で、精子や精液を作る材料の8割が「アルギニン」なので「アルギニン」が減ると精子や精液の生産力が落ち、生産力が落ちる事で性機能そのものの能力の低下にもつながっていきます。

 

 

精子はそのほとんどが金玉で作られますが、精子が作れないとなると金玉そのものが老化して行く訳ですね。そうなると当然勃起力が低下する原因になります。

 

 

「アルギニン」は本来「必須アミノ酸」では無く元々は体内で合成できる「アミノ酸」です。ですが徐々に体内で合成できなくなっていき、30歳を過ぎるころにはほとんど体内では作れない成分になる訳なんです。その為に元々は「必須アミノ酸」では無い「アルギニン」ですが意識して体外から摂取しないと不足する様になります。

 

 

精力剤や精力サプリメントの殆どに「アルギニン」が配合されているのはそう言う意味が有り、特に精力に関しては無くてはならない成分なんです。

 

 

また、「アルギニン」は「成長ホルモン」の分泌にも欠かせない成分で、この「成長ホルモン」も男性にとっては絶対不可欠な「ホルモン」で、「成長ホルモン」は男性ホルモンの「テストステロン」と関係しながら筋肉や骨の増強、造血、それから代謝の促進にもかかせないものです。

 

 

「男性更年期障害」の主な原因が「テストステロン」と「成長ホルモン」の低下なので、しっかりとした「タンパク質」を効率よく体に摂取する事が何より大事なんですね。本来は40歳位では「中折れ」「半立ち」などの症状が起きるのは早すぎると思うのですが、ストレスや栄養の不十分な食事などのせいで普通より早い速度で体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」が減っていっている気がします。

 

 

出来るだけ早い段階から、精力サプリメントなどで必要な栄養素をいつも切らさないような生活をして行きたいものです。精力やその他の不調が起きる前に対処するのは実感が無い為に難しい事では有りますが、早く始める事で周りの人が性の悩みや体の不調を訴える年齢になっても上手く乗り切ることが出来るハズです。

 

50代以上の人に特にお勧めしたい注目サプリ!



クラチャイダムとトンカットアリの2大天然素材をメインに「男性ホルモン」と「成長ホルモン」の自力分泌を促す成分をバランスよく配合。40日間の全額返金保証が自信のほどがうかがえます!


ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ