男性更年期障害は時間が立てば自然に治るものなのか?

男性更年期障害は時間が立てば自然に治るものなのか?

 

男性更年期障害は時間が立てば自然に治るものなのか?

 

 

こんにちは、内山です。

 

 

このページを読んで頂いているあなたは「男性更年期障害」についてご興味が有るか、現在「男性更年期障害」の症状で何らかの悩みをお持ちの方かも知れません。一般的には「男性更年期障害」はまだまだ認知度が低いので知っている人は少ないと思います。

 

 

僕も40歳で勃起障害に悩み色々調べて「男性更年期障害」なるものが有るのを知りました。普通は体の調子が良くないとは思っていてもその原因までは深く追及しない人が殆どなので僕の場合などはかなりマニアックな部類に入ると思います((´∀`))

 

 

それでも、40歳で度々「中折れ」「半立ち」などの勃起障害を起こすようになってから、本格的に改善に動き出したのが50歳の時とかなりの時間を浪費した感が有ります。一つには先ほども言いましたが、原因まで深く追及しませんでした。それは心のどこかで「そのうち良くなるだろう」とか「今は特別に疲れているだけ」などと自分でそう思いたい願望が有ったからです!

 

 

でも、その後も色々と調べていくうちに、放置していても絶対によくはならない事に気づきました。

 

 

「男性更年期障害」の症状は多種多様なのですが、一番分かりやすいのが精力の減退、つまりペニスに関してだと思います。他の事ならともかく勃ちが悪いとか、途中で中折れするような事には必要以上に気になるのが男ですので、勃起障害が一番分かりやすい症状と言えます。

 

 

もちろん、他にも色んな症状が出る「男性更年期障害」ですが特に勃起力が弱くなったなどは更年期の初期の症状として一つの判断に出来ます。特に30代後半位の勃起障害は体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」の分泌が急激に低下したことが原因での「男性更年期障害」の可能性が高いです。

 

 

その場合には、精力サプリメントなどで「ホルモン」の分泌を高めるようにすると改善できる可能性が有ります。

 

 

体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」の分泌を促進させてくれるお薦めのサプリメントはこちら!  

 

 

男性更年期障害は放置していても良くはならない!

  

 

 

基本的に一度下がった体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」はそのまま放置していてもまた、分泌力が上がることは無いので「男性更年期障害」の症状も良くなることは有りません。

 

 

勃起障害以外での症状色々!

 

 

1、いつもイライラ、モヤモヤしている。

 

2、集中力や、記憶力が低下する

 

3、何もやる気が起きない、気力が無い

 

4、うつ状態

 

5、不眠

 

6、筋肉や関節が痛む

 

7、夜中に何度もトイレに行く

 

8、太るようになって来た

 

9、朝立ちが無くなった

 

 

等、他にも書ききれない程有りますが、一見すると原因が違うような感じですがこれ等は全て体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」が低下したことで起きています。

 

 

これ等の症状は、年齢的には40代前後で起きてくるのでひと昔前は「加齢による老化」とされていました。それが研究が進むにしたがって、男にも女と同じように更年期障害が有ることが分かったのです。

 

 

男性更年期は女性更年期よりもたちが悪い!

  

 

 

女性の更年期障害の場合は、閉経が一つの区切りで閉経の前後5年間の10年間が更年期の期間だと言われています。これに対し男性の場合は体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」が低下するにしたがって症状として表れてくるので、人によりその時期がバラバラです。又期間も個人差があり何もしないで放置している人の場合この先も良くなることは無いと言われています。

 

 

女性の更年期の場合は、乱れていたホルモンバランス」が一定の値で落ち着くと更年期の症状も和らいで行きますが、男性の場合は放置しているとドンドン状況が悪くなります。最悪の場合重篤な疾患になるリスクも有る為に、女性の更年期よりも厄介だと言われているのです!

 

 

ただ、男性更年期障害の場合その原因は体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」が低下している事だと分かっているので、これ等の「ホルモン」を増やす事で症状は劇的に改善されていきます。

 

 

この体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」を増やすと言う事が「男性更年期障害」の症状を改善させていくうえで1番効果の高い方法です。「ホルモン」を増やす方法としてはぬり薬や経口薬、又、注射での治療法が有りますが、注意が必要です。

 

 

それは、40代や50代の人ならば努力次第で自力での分泌が出来るからです。これが70代、80代でおそらく自力で分泌する事は困難だと判断された場合「ホルモン治療」をお勧めしますが、まだまだ自力分泌が出来る様な年齢であれば精力サプリメントなどで栄養素を補給して自力での分泌を選ぶべきです。

 

 

「ホルモン」を体外から補充した場合、脳は自力での分泌が必要ないとして自力での分泌能力を著しく低下させることが分かっています。もし、そうなればこの先も2週間に1度くらいの割合で医療機関での「ホルモン投与」を余儀なくされます。

 

 

ほぼ、自力での分泌が不可能でない限り、努力して自力で分泌できるようにする事を強くお勧めします。

 

 

その方法として、僕がいつも言っているのが筋トレと精力サプリメントの併用です!筋肉をつける事で「テストステロン」や「成長ホルモン」の分泌が促進されていきますし、精力サプリメントの服用さらに加速されていきます。

 

 

当然効果が表れるまでには、早くて2か月〜3か月はかかりますので、じっくりと取り込むようにして下さい。

 

 

体の中でサプリメントが効いていく仕組み。




【 新陳代謝にはサイクルが有ります 】



肌が生まれ変わったり、髪の毛が生え変わったり、けがをして治る過程でも新陳代謝は行われています。



血液や肌、臓器や胃腸、骨など全て一定のサイクルで生まれ変わっていきます。



精力サプリメントを飲んでもすぐに効果が表れないのは、この新陳代謝のサイクルが有るからなんです。




【 生まれ変わる周期 】


血液           120日         
肌細胞          28日 
心臓            22日
胃腸           3日〜7日
骨             2年



骨が一番遅く、完全に生まれ変わるのに5年〜7年かかると言われています。




上記は若い場合なので、年をとるほど新陳代謝は悪くなって時間もかかるようになります。



例えば、肌細胞は20代の頃は、28日周期と言われていますが、40代になると55日程度かかると言われています。



精力サプリメントを飲んだからと言って、すぐに効果が表れないのは、この新陳代謝が有るからなんです。



新陳代謝は、血液の循環により体の隅々にまで「酸素」や「ホルモン」などをいきわたらせる事によって新陳代謝を活発にします。



血液はおよそ120日で入れ替わると言われています。




なので、精力サプリメントを飲んでもしっかりと体質を改善させようと思ったら、120日は必要と言う事になります。




今日飲んだサプリが、4か月後の血液の循環によって体内を循環すると言ったイメージを持ってください!



血液が生まれ変わるまでに4か月かかる事から、精力サプリメントを飲んで効果が有る程度実感できるようになるまで、最低でも3か月程度は必要になります。



3か月も!と思うかもしれませんが、これからの長い人生の内のたったの3か月です!

 

 

今最も売れている精力サプリメントです。体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」の分泌を強力に促進出来るほどの栄養素が配合されています!お薦めです!!

 



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ