EDになって分かる!EDは重大な病気のサイン!

EDになって分かる!EDは重大な病気のサイン!

 

EDになって分かる!EDは重大な病気のサイン!

 

 

こんにちは、内山です。

 

男は少々辛い体の症状が出ても、我慢できる生き物ですが、勃起障害になると気になって仕方が有りません。でもそのほとんどが自分がEDだとは思っていないのが実情です。

 

 

今元気が無いのは「仕事で疲れているだけ」とか「寝不足のせい」とか「年のせいで」と思っている人が殆どでEDと言う言葉そのものを知らない人もいます。

 

 

EDの定義は、簡単に言えば、勃起はする、でも「途中で萎える」「硬くならない」「性欲自体が湧かない」などSEXを最後まで楽しむことが出来ない状態が続く事を言いい、今まで良く使われていた、「インポーテンツ」とは違い取りあえず「勃起する事はする」状態の事を言います。「インポーテンツ」とは全く反応しない事を言うので全然違う状態です。

 

 

男にとって最も悩ましい症状がEDな訳ですが、その症状の殆どは「中折れ」したり「半立ち」状態で如何にもならない場合が多いと思います。勃起力は10代でピークを迎え20代後半から徐々に下がっていくので30代や40代で勃ちが悪くなってくるのは当たり前と言えば当たり前の事なんです。

 

 

ただ、程度には個人差があり50代でもバリバリイケる人もいれば30代ですでに「中折れ」する人もいます。僕の知っている限りでは、30代でほとんどの人が「中折れ」を経験したことが有るらしいです。

 

 

EDになる原因を一つに絞ることは出来ませんが、その多くが体内の「テストステロン」の低下が関わっているのは間違いの無い事です。その他にはストレスによる影響も無視は出来ません。

 

 

いずれにしましても、体内の「テストステロン」を日ごろから増やす努力をしておればかなりの確率でEDは防げますし、遅らせる事が可能だと思います。その方法として僕は普段から精力サプリメントと運動で体内の「テストステロン」を自力で分泌出来るように意識しています。

 

 

僕が使っている精力サプリメント! 

 

 

日本人男性の4人に1人がEDです!

 

 

 

実は、日本人の成人男性の4人に1人がEDと言う事実が有ります。それが40代、50代になると3人に1人が何らかの勃起障害を持っていると言われています。もちろん一口にEDと言ってもたまに中折れしたり、半立ちの状態になったりと比較的軽い症状も含まれますので、ほとんどSEXが出来ないと言う人ばかりでもないのですが、たまにでも「中折れ」や「半立ちが」状態で射精することなく終わると相手も有る事なので嫌な感じになります。

 

 

僕は実際、勃起障害で男としての「自信」を失いかけた事も有る位です!ま〜相手が有る事なのでいつも同じ相手でマンネリ化している事も勃たない原因では有るのですが・・・

 

 

勃起障害の症状は、体内の「テストステロン」が低下している事と、男性更年期障害から来ていると言う事をしっかりと認識する必要が有ります。ストレスや食事など色々な要因が有りますが、結局は「テストステロン」の低下に行きつきます。

 

 

体内の「テストステロン」の分泌を増やすのに一番効果の高い効果的な方法は、運動をしながら精力サプリメントでしっかりと栄養素を摂りいれてやることです!「テストステロン」の分泌に欠かせない成分の「アミノ酸」や「必須アミノ酸」、「ミネラル」、「ビタミン群」はもちろん食事からでも摂取出来ますが、中高年が必要な分量を食事から摂ろうとすれば間違いなく「カロリーオーバー」になるので難しいものが有ります。

 

 

そう言った意味で僕は、効率的に栄養素を補給するのに精力サプリメントに頼っているんです、精力サプリメントなら「テストステロン」の分泌に必要な栄養素がふんだんに補えますし、1日に2回程度食事の時にでも飲むだけなので本当に簡単です。

 

 

僕は、50歳位までは「テストステロン」や「更年期障害」なんて言葉も知らなかったので、「男性更年期障害」の症状と言われる、勃起障害や肥満、不眠などに悩まされても何も対策をしてきませんでした。そんな僕でも50歳から初めて、半年、1年たったころには見違えるように元気になれました。

 

 

管理人お薦めの精力サプリメントはこちら!  

 

 

 

今では、毎日でもSEX出来ますし、朝立ちも半端ないです!朝からキョーレツナ「朝立」ちが有るとその日一日本当に「ルンルン気分」で元気に過ごせます。朝立ちは健康のバロメーターと言いますがあなたは毎日朝立ち有りますか?「最近、朝立ちないな〜」と言う方は要注意です!

 

 

ED(勃起障害、勃起不全)は重病のサイン!

  

 

 

チンコが硬くならないや、中折れするのは血管に異常が有るからです。勃起の仕組みは、人が性的な刺激を受けると脳が反応して、神経を経由してペニスに信号を出します。

 

 

そうするとペニスの海綿体に血液が流れ込むので膨張して勃起すると言う仕組みです。この時に血管から一酸化窒素というガスが作られるのですが、このガスの働きが血管を拡張するので血液がスムーズに流れるようになります。「テストステロン」の分泌が低下してくるとこの一酸化窒素の生産も少なくなり、そのために血流が悪化し結果的に勃起が上手く出来ないという症状に繋がります。

 

 

血流の流れは何もペニスに限った事では有りません。血管は体全体に張り巡らされているのでペニスへの血流が悪いと言う事は他のか所にも不具合が有る可能性も有ります。血管と言うのは柔らかく内面に凸凹が無いのが理想ですが、加齢とともに老化が進みその結果硬化して、内面にも血栓がたまり血液の流れがドンドン悪くなっていくのです。

 

 

この血流が悪いのが心臓の近くで起こると、「心筋梗塞」にそして脳の近くで起こると「脳梗塞」になって表れます。ペニスの動脈の直径はわずか1ミリ〜2ミリと言われていて動脈の中でも一番細いので詰まるような症状も一番初めに現れるようになります。

 

 

なので、勃起に異常が有る、チャンと勃起しないと言う事は全身の血管が硬化している危険も有る訳です。その場合「心筋梗塞」や「脳梗塞」のリスクもかなりの確率で起きるでしょう。

 

 

ED(勃起障害、勃起不全)が「動脈硬化」のサインと言われるのはこの為で、ペニスの問題が単に「中折れ」する事や「硬さが足らない」などで済ませていると本当の危険が分からなくなります。

 

 

今現在、取りあえず勃起はする状態で有れば、少し精力が低下しているものの今からでも運動と精力サプリを始める事で予防する事は可能です!体内の「テストステロン」が増えてくるとSEXの事での悩みなど皆無になりますので、是非頑張ってみて下さい!

 

 

 

お薦めのサプリメントをランキングでご紹介しています!

 



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ