体内で「テストステロン」を増やす訳!

体内で「テストステロン」を増やす訳!

 

体内で「テストステロン」を増やす意味を考えましょう!

 

 

こんにちは、内山です。

 

 

このサイトを見て頂いている人なら、「テストステロン」と言う言葉は知っていると思います。

 

 

おそらく、勃起力が低下してきて何とかならないか?と思い色々と探されたんじゃないでしょうか?

 

 

「テストステロン」という言葉は聞いたことがあり興味は有るけど、詳しくは知らないという人の為におさらいしましょう。

 

 

「テストステロン」の説明

 

 

 

そもそも「テストステロン」て一体何?と言う人の為に説明します!

 

 

「テストステロン」と言うのは「男性ホルモン」の一種です。

 

 

「男性ホルモン」には以下のような種類が有ります。

 

1、テストステロン

 

2、ジヒドロテストステロン

 

3、デヒドロエピアンドロステロン

 

4、アンドロステロン

 

5、アンドロステンジオン

 

6、性腺刺激ホルモン放出ホルモン

 

7、卵胞刺激ホルモン

 

 

この中でも、「テストステロン」は男性ホルモンの95%以上を占めているので男性ホルモンの代表格とされています。

 

 

20代前半が分泌のピークでそれ以降は、年々低下していき50代でピーク時の半分以下にまで低下します。

 

 

9割以上が精巣(金玉)で作られていて、残りは副腎で作られます。1日に約7mg分泌されると言われていてこの量が一定まで下がると「男性更年期障害」の症状が起きると言われています。

 

 

余談ですが、2番目の「ジヒドロテストステロン」と言うのは、「テストステロン」が変化したホルモンでこのホルモンが男性型脱毛症の原因と言われています。

 

よく「ハゲ」の原因は男性ホルモンのせいと言われますが、その張本人はじつは「ジヒドロテストステロン」です。

 

 

 

テストステロンはスーパーな働きをする!

  

 

 

「テストステロン」は体内でどんな働きをしているのかを見ていきましょう。

 

 

思春期においては、チンげを生やしたり、声変りをさせたり、チンコや金玉の発育を促します。これにより子供の体から大人の体えと変化していきます。

 

 

次に「成長ホルモン」と相まって筋肉や骨、を作ります。背がどこまで伸びるのかは「成長ホルモン」に掛かっていて、小学生6年生位でほぼ決まるらしくここまでの「成長ホルモン」の量で最終的には背の高さは決まってきます。

 

 

成人してからの働きは

 

 

 

1、造血作用

 

2、筋肉、骨を作る

 

3、中性脂肪の分解

 

4、糖質の分解

 

5、肥満、メタボを抑制する

 

6、血行促進

 

7、精力、性欲の増加

 

8、精子の生産

 

9、うつ病の抑制

 

10、精神を落ち着かせる作用

 

 

など、たくさんの働きをこの「テストステロン」さんはになっています。

 

 

また、「テストステロン」が多い人の特徴として、ウソが付けない、ウソが嫌い、公正性を大事にすることも1つの特徴ですし、前向きでチャレンジ精神旺盛な男らしい人が多いと言われています。

 

なので「テストステロン」はその人の生き方に大きく影響すると言われています。

 

 

 

もし体内の「テストステロン」が低下していけばどうなるのか?

 

 

 

体内の「テストステロン」が低下した場合あなたの体にどんな影響を及ぼすのか見ていきましょう。

 

 

中年と言われれる年代になってくると、体のあちこちで不調を感じるようになります。

 

 

例えば、疲れが取れないとか、よく眠れない、夜トイレに起きる回数が増えたなどなど、他にも色々ありますがこれ等の症状は体内で「テストステロン」が低下したことによる「男性更年期障害」の症状と言われています。

 

 

体内で「テストステロン」がある一定の値以下にまで下がると、「男性更年期障害」になるリスクが高まります。

 

 

「男性更年期障害」と言う病気は、女性の更年期障害とよく似ていますが、女性の場合閉経の前後5年が更年期の時期と言われるのに対して、男性の場合はいつ更年期の症状が出るのかつかみにくいと言われています。

 

 

それは、「テストステロン」の低下する時期に個人差が有るからで、女性の様に閉経と言う有る程度の目安が無い事が原因です。

 

 

20代の前半でピークを迎えてその後低下する「テストステロン」ですが、その低下の仕方にも個人差があり、70歳でも30代ぐらいの「テストステロン」の量がある人もいる位です。

 

 

また、最近では、「若年性更年期障害」といい、若い年代で更年期障害の症状が出る人が増えています。それは、「テストステロン」の低下は加齢によるものだけでは無く、ストレスなどの現代病によっても低下していくからです。

 

 

体内で「テストステロン」が低下していくと出てくる症状

 

 

 

1、太る

 

2、疲れやすくなる

 

3、疲れが取れない

 

4、不眠

 

5、体力がなくなる

 

6、加齢臭が出る

 

7、頻尿

 

8、勃起障害(中折れ、半立ち、射精感の減退)

 

9、気持ちが不安定になる

 

10、うつ状態になる

 

11、生活習慣病のリスクが高くなる(糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、など)

 

 

初期的にはチンコの勃ちが悪いとか、疲れやすいとか、太って来たなどの症状が出始めて、それを放って置くと生活習慣病などの重病にまで進展してしまいます!

 

 

「テストステロン」が低下すると本当に様々な症状や病気に苦しむことになります。ただ実際には多くの方が自分の体の不調が「テストステロン」が低下しているからだと知らない人が大半です。

 

 

僕の場合で言うと、体形が悪くなって来た、と言うか不細工な体形になりましたし、また、加齢臭も出てきて外に出るのが怖くなったほどです。

 

 

中年の気持ち悪いじじいになってしまいました!((´∀`))40代の頃なのでじじいと言うには早すぎますが見た目だけで言えばそんな感じです。女性なんか絶対に寄り付きません。

 

 

「テストステロン」が減ると体の内面の不調はもちろん、見た目にもキョーレツナ影響を与えます!

 

 

「テストステロン」の高い低いは生活習慣に大きく影響される事は分かっています。

 

 

「テストステロン」の高い人の傾向としては

 

 

1、バランスの取れた食事を意識している。(低カロリー高たんぱくなど)

 

2、良く寝る事を心がけている。

 

3、自分がリラックスできる方法を持っている。(趣味など)

 

4、適度な運動を心がけている。

 

 

こういった事を心がけて続けている人が多い。

 

 

一方で「テストステロン」の値が低い人の傾向は

 

 

1、脂肪や糖質の多い食事をメインにしている。

 

2、慢性的に寝不足。

 

3、ストレスを抱え込む性格。

 

4、ほとんど運動をしない。

 

 

こういった傾向が有ります。僕もこれそのものの生活をしていたので良く分かります!

 

結論から云えば、いま「更年期障害」の症状が出ている人は当然ですが、「まだ俺は大丈夫!」と思っているあなた!今からでも体内の「テストステロン」を増やす事を意識しないと直ぐにでも減っていきますよ!

 

 

僕がいつも薦めている方法は、適度な運動を取り入れるのと精力サプリメントでしっかりと体内で「テストステロン」を増やす体質にする事です。

 

 

運動と精力サプリメントを続ける事で、自然に体内の「テストステロン」が増え調子が良くなっていきます。僕も50になってから始めましたが3か月も有れば体や体力の変化が分かります。3年程経つ今では毎日でもSEX出来ますし、体もスリムになり加齢臭なんか全く有りません。

 

 

今やらないと必ず後悔します!自分の為に家族の笑顔の為にも覚悟を決めて取り組んで見てください!応援しています!!

 



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ