男性更年期障害は放置すると厄介!| 更年期障害自力で克服した方法教えます!

僕が「男性更年期障害」を自力で克服した方法とは!

 

 

僕が「男性更年期障害」を自力で克服した方法とは!

 

 

こんにちは、内山です。

 

 

僕は以前勃起障害で悩んでいた時期が有りました。何とか改善したくて色々と調べて実践していった結果勃起障害を克服して今では、毎日でもSEXが出来るまでになりました。((´∀`))

 

 

その時にとった主な方法は。

 

 

1、自重での筋トレ

 

2、禁煙

 

3、精力サプリメントの服用

 

 

これだけです!もちろん生活習慣の見直しなども意識して、出来る範囲ではやりましたが、でも完璧に変える事は不可能だったのであくまで、出来るだけです・・・

 

 

僕の場合、勃起障害と言っても何とか勃起はしました。最後まで持たないと言うか途中で「中折れ」する事が顕著に表れるようになっていったものの、「全く反応しない」と言う事では無かったので結局は病院にもいかないで改善させることが出来たんです。

 

 

このサイトでも何度も言っていますが、体内の「テストステロン」や「成長ホルモン」が低下していく事で体内のホルモンバランスと自律神経の乱れが生じ身体や精神に不調を生じさせます。これをLOH症候群(男性更年期障害)と言います。

 

 

また、これも何度も言っていますが、LOH症候群の症状は多種多様で勃起障害の他にも。

 

 

1、朝立ちが無くなる

 

2、射精感が低下する

 

3、性欲が無くなる

 

4、不眠になる

 

5、肥満、メタボ体形になる

 

6、発汗や頭痛、目まいが起きる

 

7、頻尿

 

8、うつ状態になる

 

9、何もやる気が起きない

 

10、イライラしたり怒りっぽくなる

 

11、集中力や記憶力が低下する

 

 

こういった症状が大なり小なり出ます。僕も当時はかなりの数当てはまる症状が有りました。例えば、気が付いたら朝立ちが無くなっていたり、頻尿がひどくなったり、不眠もひどくなりました。

 

 

ミスター更年期とは?

 

 

 

中でも、これが「更年期障害だ〜」と言えるものが肥満、メタボ体形になった事です。

 

 

僕は元々、細見体形で太った事が無かったのでその当時の自分の体形を思い出すと思わず吹き出しそうになります。いや〜ホント不細工な体なんですよ〜

 

 

なので、体力も有りませんでしたし、少し動くだけで息切れが止まりません。また、匂いも気になるようになります。匂いと言うのは「加齢臭」です。ある日妻から指摘されて初めて気にし出したのですが、一番悪い時には外に出るのが嫌になる位気になったものです。

 

 

ある日電車に乗っていてどこからか加齢臭がしてきました、「臭いな〜加齢臭」と思っていたのですがそれが自分の匂いと分かった時は本当にショックでした!

 

 

ずっと他の人の加齢臭だと思って、心の中で「何とかしろよ〜加齢臭!」とか思っていたのが自分が出している匂いと知った時には「穴が有ったら入りたい」と本気で思いました。

 

 

「加齢臭」とか「口臭」などの自分の匂いは、何故か自分では分からないんですよね。なので、他の人にチェックしてもらうとかしない限りは分からないです。

 

 

加齢臭は皮脂の中にある9-ヘキサデセン酸が、酸化、分解されるとノネナールと言う物質になり、これが加齢臭の元になります。この加齢臭もホルモンが低下することで発生していきますので「テストステロン」が低下することで起きる男性更年期障害の人に「加齢臭」がする人が多いんです。

 

 

そう考えると、体内の「テストステロン」が低下して「男性更年期障害」になれば、先ほど言った「身体的」 「性機能的」 「精神的」症状以外にも「外見的」な「見た目」「雰囲気」の低下もマイナス面での大きなファクターの一つになります。

 

 

精力サプリメントを続ければ続けるほど改善していく!

 

 

 

僕が自力で更年期の症状を克服した方法はさっきいいました。本当にあれだけしかしていないのですが、SEXの事だけを考えるならED治療薬でも良かったのです。実際にED治療薬のお世話になっていた時期も有りますが、でも、根本的に治したい、自分の力でもう一度勃起させてパートナーを満足させて「本当の自信を取り戻したい!」と強く思うようになっていったんです!

 

 

最初の頃は、精力サプリメントを飲むことで簡単に何とかなると思ったのですが、でも実際にはほとんど効果を実感することは出来ませんでした。当たり前の事なんですが、体内の「テストステロン」が低下するにはそれなりの原因が有るのです。その原因はそのままでサプリメントだけで何とかなるほど甘くは有りませんでした。

 

 

僕の場合は、生活習慣が無茶苦茶で運動も全然してなかった状態だったのでまずは、運動をする様にしました。とはいっても、自宅でスクワットをしたり、腕たせ伏せ、腹筋という簡単なものですが。

 

 

調べると、体内の「テストステロン」の分泌を促進するにはエアロビのようなダラダラと長時間するような運動よりも短時間で最大限の力を出す筋トレの方が良いのです。

 

 

しかも、僕たちのような中年はジムでマシーンを使ったトレーニングは負荷が高すぎて、関節を痛めてしまうリスクも有るので、家で出来るような自重トレーニングで十分です。

 

 

禁煙もしました。ただこれは「テストステロン」の為と言うよりも、それ以前から何とか辞めたいと思っていたのがたまたま同時期に重なっただけで、結果的に良かったと思います。

 

 

とくに喫煙は勃起への影響が大きいのです。禁煙する事で血行が良くなりペニスへもスムーズに血液が流れ、強く勃起出来るようになります。

 

 

こういった事と、精力サプリメントの服用で徐々に効果を表していき今に至っています!83kgあった体重も71kgになり(まだ少し重いですが)加齢臭が無くなり、口臭も改善されました。

 

 

更年期障害で出ていた症状で、不眠や頻尿もかなり改善出来ましたし、朝立ちもほぼ毎日有ります。良い事はそれだけでは有りません。

 

 

加齢臭や口臭が気にならないレベルまで改善出来たのが原因なのか、今まで避けられていた(多分避けられていた)女性陣にも普通に話しかけられるようになっていきましたし、顔の艶も随分と良くなり、特に背中に出来ていたできものや、シミのようなものも無くなり綺麗になりました。

 

 

そればかりか、最近は笑顔が増えたと妻に言われます!50歳という年代になって自分が元気でいる事が、家族にとっての幸せにつながっているんだなとつくづく思うようになりました。

 

 

あのまま、自主トレをしたり、精力サプリメントの服用をしていなかったら、今頃はかなり「ヤバイ」事になっていた事は周りの同世代の人を見れば分かります。

 

 

体内の「テストステロン」を増やす事は、精力の低下や生活習慣病の予防になることは勿論ですが、これからの人生をハツラツと生きる為には一番大事な事になってきます。

 

 

「あの時始めていれば良かった!」と後で後悔しない為にも今から出来る事から初めて欲しいと思います。

 

 

僕が間違いないと思うサプリメントを紹介しています。

 



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ