体内のテストステロンが増えてきたのは実感できるのか?

体内のテストステロンが増えてきたのは自覚できるのか?

 

体内のテストステロンが増えてきたのは自覚できるのか?

 

 

こんにちは、内山です。

 

 

体内の「テストステロン」が低下することで、勃起障害が起こります。

 

その他にも身体的には、関節痛、筋肉痛、睡眠障害、ほてり、発汗など。

 

又、精神的には、イライラ、神経過敏、倦怠感、抑うつ、不安感などの症状が出てきます。

 

ですが、ほとんどの人が体内の「テストステロン」が低下したことで起きている症状だと知りません。

 

 

男にも更年期障害がある!

 

 

 

まだあまり、知られていないのかも知れませんが、体内の「テストステロン」が低下することで起こる様々な症状は男性の更年期障害が原因と言われています。

 

 

男性更年期障害は別名LOH症候群と言い、正式には「加齢男性性腺機能低下症候群」と言われるものです。

 

 

この男性更年期障害と言われるものは、女性における更年期障害とほぼ同じような症状が出ることと、原因も体内の「ホルモンバランス」の乱れで起きる事から更年期障害と言われています。

 

ただし、更年期の症状が出る時期が、女性の場合は閉経の5年前後で分かりやすいのに対して、男性の場合は徐々に体内の「テストステロン」が低下して行く為に「気づきにくい」と言う事が有ります。

 

 

40代後半から50代にかけての女性の殆どが、大なり小なり更年期の症状を経験するので女性の更年期は広く認知されていますが、これが男性になるとほとんど認知されていないのが現状です。

 

 

僕も40代の時に、チンコが「中折れ」したり「硬くならない」症状が出ました。その後色々調べて「ホルモンの低下」が原因だと初めて気づくことが出来た次第です。

 

 

他にも色々な症状が出る男性更年期障害ですが、何と言っても一番分かりやすいのが勃起力の低下についてだと思います。

 

 

実際、男性更年期障害は精力の著しい低下と言っても過言では有りません。

 

 

今までは、男はこの女性の更年期について、「女は大変だな!」と他人事で済ましていたのですが実は男の更年期障害の方が大変な事が分かってきました!

 

 

男の更年期の方が女の更年期障害よりもたちが悪い!

 

 

 

女性の更年期障害の原因は、体内で「女性ホルモンのエストロゲン」が低下することで起きます。その期間は閉経後の5年前後と一様定義されていて、そう言う意味では女性の更年期障害は有る一定の期間が過ぎればほとんどの場合安定していきます。

 

 

一方男性の更年期障害も体内の「テストステロン」の低下が原因では有るのですが、ある時期が来れば落ち着くと言う事は無く、放置すれば絶対に治らない「病気」と言えます。

 

 

女性の更年期よりも男性の更年期の方がたちが悪いとはそう言う意味で、放置していく事で長期間苦しむ事になるからです。

 

 

なぜ、テストステロンが低下すると不調が起きるのか?

 

 

それでは何故、体内の「テストステロン」が低下すると体に不調が起きてくるのかですが、それは「テストステロン」の働きを知れば分かります。

 

 

【テストステロンの働き】

 

 

1、筋肉、骨量の増加

 

2、造血作用

 

3、精力、性欲の維持

 

4、脂質、糖質を抑制する働き

 

5、精神の安定

 

6、前向きで明るい気持ち

 

7、ハツラツと生きる気持ち

 

 

まだまだ、書ききれない程有りますが、この様に身体的、性機能的、精神的な部分にまでその働きは及びます。

 

 

体内の「テストステロン」が低下すると、これ等の働きが上手く機能しないようになるので不調を起こすようになるのです。

 

 

僕の経験で言えばある時期から、体形が変わっていきました。とにかく痩せにくくなったような気がします。筋肉は落ち脂肪が付きやすくなり肥満体形になりました。

 

そうなると、「体力」 「精力」 が急激に落ちていき、老化を感じるようになるのです。中年になって肥満になると痩せにくいのは、「テストステロン」が低下して中性脂肪を分解出来ずに蓄積されていくからです。

 

それに比例して、筋肉も落ちていきます。買い物に行くと良く家族ずれのお父さんを見るのですが、他の部分はそうでは無いのに下腹だけが出ている人がいます。それをみていつも僕は「あ〜あの人も更年期の症状が出ているな〜」とつぶやいています。

 

 

「テストステロン」を増やすにはどうすれば良いのか?

 

 

 

体内の「テストステロン」を増やす為には、運動や食事に気をつける必要が有るのは常々言っています。その上で精力サプリメントを続ける事で徐々に体内の「テストステロン」が増えていきます。

 

注意してほしいのは、精力サプリメントを飲みさえすればいい、精力サプリメントさえ飲めば勝手に「テストステロン」が増えていくと思う事です。

 

 

精力サプリメントはあくまでも、体内で「テストステロン」を作る為の材料に過ぎませんので、運動や食生活を改善しなければ思うような効果は期待できません。

 

 

適度に運動をして、食事にも気をつける事で初めて不調が改善されるものと心得て下さいね!

 

 

体内の「テストステロン」が増えているのはどうすれば分かるのか?

 

 

 

運動や食事に気をつけて、精力サプリメントを長期間続けていく事で確実に「テストステロン」は増えていきます。でも、どうすれば増えたのが分かるのか?と疑問に思うでしょ。

 

 

難しい事は考える必要は有りません。体内で「テストステロン」が増えているのは自分の体調を考えれば自然に分かります。

 

 

筋肉がついてきて、痩せやすくなります。また、朝起きるのが苦にならなくなりスッキリと起きれるようになり、何よりSEXの時に「中折れ」が無くなります!

 

 

今までは、重かったからだが軽く感じ、元気に過ごせるようになります。あちこち調子が悪かったことがウソのように感じるでしょう!

 

 

中年になれば、加齢によって「テストステロン」が低下していくのは避けようが有りませんが80歳でも30代と同じぐらいのテストステロンの値の人もいますし、逆に30代でも70代のテストステロンの値の人もいます。

 

 

テストステロンの高い低に個人差が有るのは、常日頃の生活習慣やストレスが大きくかかわっています。出来る限り「テストステロン」を高く維持出来れば高齢になっても精力の事で悩むことは有りません。

 

 

僕は53歳になりますが、体内の「テストステロン」を増やす事を意識する様になってからは朝立ちは毎日有りますし、「中折れ」もしません。SEXに関しては悩みは無くなりました。

 

 

今現在日本では、軽度な症状まで含めると1100万人の成人男子がEDだと言われています。40代、50代に限れば3人に1人が「中折れ」 「硬さ不足」 「勃起しない」など何らかの問題を抱えている事になります。

 

今大丈夫でも、いつ勃起障害が出てもおかしくは有りません。

 

そう云う意味でも、日ごろから「テストステロン」の分泌を増やす生活を心がけるようにしたいものです!

 

 



ホーム サイトマップ
ホーム 勃起障害の改善方法 テストステロン 男性力回復方法 サイトマップ